年末だから炊飯器のお手入れ掃除は必ずひっくり返して行う

毎日使う炊飯器ですが、毎日隅々まできれいにお手入れしているかと聞かれれば、そうではない。
表面をサッと拭き、たまに汚れが目立ってきたら、うち蓋や蒸気口のキャップを外して洗う程度。

しかし、今回は年末ということもあり、きちんときれいにお手入れをします。
炊飯器はひっくり返してお手入れをしないと、びっくりするくらい汚れています。

スポンサーリンク




炊飯器の日常のお手入れ

我が家の炊飯器は「東芝圧力IH保温釜」というもの。
今年で9年目となりますが、買った当時は①価格(2~3万円程度)と②容量(5合炊き)と③機能(IH+圧力式であればいい)という視点で選んだものでした。

毎日使う炊飯器だから、毎日お手入れしてきれいな状態でご飯を炊きたい。
しかし、日ごろは炊飯器の表面をササっと拭いて終わり・・・ということがほとんどです。
そして汚れが目立ってきたら、内蓋を外して洗うくらいなんですよね。

で、そろそろ炊飯器をひっくり返して、きれいにお手入れをしようと思ったわけです。
だって12月ですもの。年末ですもの。

炊飯器をひっくり返してお手入れする

炊飯器って、ふだんはなかなかひっくり返すことがないですよね。

私も、炊飯器のお手入れは、表面を拭いて、外せるパーツは外して洗っておしまいだと思っていたのですが、炊飯器をひっくり返すと驚くほど埃がたまっている部分があります。

今どきの最新式の炊飯器はどうなっているかわかりませんが、我が家の炊飯器は、下に吸気口と排気口があります。
赤丸部分は吸気口。ここにびっくりするくらい埃が付着しているんですよね。

炊飯器周囲の埃を吸って、さらにはキッチンに置いているので、浮遊している油なんかもあることでしょう。
ちなみにこれは1年間分の埃。自慢しているわけではありません。

しかし、炊飯器の吸気口の存在に気付いたのが、炊飯器を買ってから7年も経った時でしたので、その時の吸気口の様子はもっとひどかった。

上の写真がその時のもの。
もう吸気することができないくらいふさがっています。決して自慢ではありません。

電化製品の壊れる原因って、こんなところにあるのかもしれません。

毎日使う炊飯器ですが、毎日お手入れしたことのない炊飯器。汚れが目立てば、ささっと表面を拭くだけ。そして時々内蓋を外して洗う程度。だから炊飯器の底が、すごいことになっているのを見て、ぎゃーっ!となったわけです。...

この吸気口の埃は、布巾でふき取れば簡単に落ちるのですが、やっかいなのはこの奥にファンがあるってこと。吸気するんだもんね、ファンがついていますよね。

ところがこの吸気口の網状の部分は、取りはずせないのですよ。
取り扱い説明書にも、「綿棒などでほこりをとる」と書いていますし、「勝手に分解しないでください」とも書いてあります。

つまり、分解好きな私にとっては、これ以上手出しできない領域なんですよね。
綿棒を入れてファンの埃を取ろうとしても、ファンがクルクル回って埃なんて取れやしない。

つまりは、もう少しマメに吸気口の掃除をしていれば、ファンにも埃はつかないってことなのでしょうけど・・・。
しかたがありません。なんてったって、気づいたのが買ってから7年目のことでしたから。

その他の外せるパーツは、お湯に重曹を溶かしたものにつけておきます。
汚れがふわふわと浮いてきます。

炊飯器の入り組んだところは、歯ブラシと綿棒できれいにします。
もちろん重曹水を使います。

こんな入り組んだところも、普段はなかなか手が行き届かないので。

炊飯器の裏側も、ファンの部分を除いてはほぼきれいになりました。

炊飯器のお手入れ終了です。
わずか30分もあれば終わるので、本当ならばもっとマメにお手入れすればいいのですけどね。

来年で10年目となる炊飯器ですが、ご飯はふつうにおいしく炊けるので、まだまだがんばってもらいたいところ。

手入れをするということは

炊飯器を隅々まで手入れしてきれいにすると、次に買い換える時には、どんな視点で選んだらいいのかということがわかるようになります。

炊飯器も、1万円以下のものから10万円以上するものまでピンキリですので、自分に必要な機能はどういうもので、何を基準に選んだらいいのか、ブレない指標があると決めやすい。

私は、次に買い換えるとしたら、①IH+圧力式で②予算は3万円以内、③5合炊きで④ご飯を炊く以外の機能はあまり必要ない(炊飯器でケーキを作ったり肉の塊の下茹でなどはしないので)と思っています。
さらにこれらにプラスして、⑤炊飯器の凹凸の少ないもので手入れがしやすいことも決め手となります。
もちろんお店で買うときは、炊飯器をひっくり返して、裏側がどうなっているかもしっかり見たいと思っています。

お店の方は、めっちゃうるさそうな客が来たな・・・と思うでしょうけど・・・。

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るり玉 より:

    そらはなさーん!
    私、一度もひっくり返したことなかったよー!
    読むのもそこそこにすぐ見てみた!
    ぎゃぁーーーーー、すごい埃がたまってた!

    ここまでで息切れ(笑)
    掃除機の毛のブラシで吸ってみるわ。
    お釜さえきれいならご飯は美味しいわけで、
    内蓋を洗って周りをちゃちゃっと拭いて終わってました。
    ほんと、そらはなさんには教えてもらうことばかりだわ。
    さっそく一人暮らしの次女にも教えてやらなくちゃ!
    そらはなさん、ありがとう(*´-`*)ノ

    • そらはな より:

      るり玉さんへ♪
      ふふふっ(#^_^#)ひっくり返してみたんですねー。
      私も初めて見たときは衝撃でした。
      こういうのも、子どもたちに伝えていきたいことですよね。

  2. しっぽ より:

    ひゃー、私も裏なんて見たことありませんでしたよ! 見たら溜まってましたホコリが(汗)

    でもね、うちはもう夫と二人暮しなので、実は炊飯器はあまり使ってないのです。1日2合も炊かないので炊飯器は大きすぎるのです。
    それで最近は小さな土鍋で炊いてます。量が少なくて堅くなって美味しく炊けなかったんですが、最近は水を多めにすればいいらしいとわかり、なかなか美味しく炊けてます。炊飯専用のではなくて普通の土鍋です。ただ百均のではないですけどね。もうちょいしっかりしたので。

    炊飯器は内蓋は外して洗えだの、結構付属部品が汚れてめんどくさいでしょ? 土鍋はその点シンプルで気に入ってるのですよ。

    家族が多いとタイマーが使えないとか、なにかと土鍋は現実的ではないですけどね。

    • そらはな より:

      しっぽさんへ♪
      ああ、土鍋でご飯を炊くって、いいですねー。
      2人だと食べる分だけでいいし、保温もしなくていいですもんね。
      暮らし方もだんだんシンプルにしていきたいものです。