ふるさと納税の返礼品は普段使いの食材を選んで浮いたお金は老後にまわす

昨年、ふるさと納税の返礼品に選んだのは、豚肉、魚の干物、冷凍餃子、お米といった、ふだんよく使う食材のものばかり。
必ず消費するものを選べば、食費の節約につながり、ひいては浮いたお金を老後資金に回すことができます。

我が家にとって、ふるさと納税返礼品は家計にやさしいありがたいものばかりです。

スポンサーリンク

ふるさと納税返礼品 お米10kg

お米10kgが届きました。
昨年、ふるさと納税した返礼品ですが、配達期日を選ぶことができたので、あえて年が明けてからの3月に届くようにしました。

庄内産お米「はえぬき」

ふるさと納税をしたのは、昨年12月のことでしたが、その時はまだお米がたくさんあったので、それがなくなる頃を見計らって3月に配送指定したというわけです。

秋田県人の私は、いつもお米を買う時はどうしてもあきたこまちを選んでしまいますが、ふるさと納税のおかげで、食べたことのない地域の特産品がいただけるというのはとてもありがたいことです。

はえぬきは、山形県のブランド米。
調べてみたら、はえぬきは「あきたこまち」と「庄内29号」を掛け合わせて作られたものなので、あきたこまちとも縁が深いお米なんです。なんだかうれしい。

食味ランキングでも特Aと認定されたはえぬきですが、知名度がいまひとつなのは山形県外での作付けがほとんどされていないため。
魚沼産のコシヒカリにまったくひけをとらないとされるはえぬきは、冷めても味が落ちにくいことから、セブンイレブンのおにぎりの多くには、はえぬきが使われているそうですよ。(Wikipediaより)

スポンサーリンク

ふるさと納税返礼品 干物セット

一昨年に続き昨年もふるさと納税に選んだのは、静岡県西伊豆町。

西伊豆町干物セット

返礼品の干物がおいしいのでお気に入りです。
今まで干物というと固いイメージがあったのですが、こちらの干物はふっくらしていてとてもおいしい。

冷凍になっているので、使いたいときに必要な量だけ焼いていただきます。
3か月かけて、すべて食べきってしまいました。
今年も、西伊豆町にふるさと納税する予定です。

ふるさと納税 金銭的なメリットはないけれど返礼品は節約効果大
ふるさと納税に興味はあっても、いまいちどうやって始めたらいいのかわからない。 応援したい自治体に寄付をすると住民税が安くなるって聞くけれど、手続きがめんどくさそう。 実質2,000円の自己負担で、地域の特産品がもらえるっていうけれど、本...
スポンサーリンク

ふるさと納税返礼品 豚肉セット

昨年、初めてふるさと納税をしたのが宮崎県川南町。

返礼品は、さんきょうみらい豚というブランド肉。
真空パックになって小分けに冷凍されているので、とても重宝します。

お肉は、とてもやわらかくておいしい。
生ハムも、このさんきょうみらい豚のものを食べたら、味が濃くて旨味があって、今まで食べていた生ハムってなんだったの?と思ってしまいました。

豚肉は、日常的に必ず食べるものなので、あると便利で助かります。
それも生活圏では買うことのできない九州のブランド肉なのですからね。

スポンサーリンク

ふるさと納税返礼品 餃子セット

子どもたちがいた頃は、餃子も餡からつくって皮でひとつひとつ包んでいたものでしたが、今はそんなめんどうなことはいたしません。

でも餃子大好き。
なのでふるさと納税の返礼品も、冷凍餃子があるところを探しました。

届いたのは、鹿児島黒豚生餃子。

黒豚って甘いんだなぁ・・・と思った餃子でした。
味が濃いめなので、お醬油などつけなくてもおいしくいただくことができます。

たぶん今年もリピします。

スポンサーリンク

返礼品は贅沢品ではなくふだんよく使うもの

ふるさと納税は、地域の特産品や高級食材がもらえると人気ですが、私はあえてふだん使いの食材を選んでいます。
理由は、高級すぎる食材は自分では使いこなせないから。

お米や豚肉、干物などといった普段からよく食べるものを選べば、その分だけ食費が節約できるというものです。

昨年は、ふるさと納税で4万円を寄付しました。
返礼品は寄付額の3割程度ですから、3,000円相当の品×4=12,000円相当。
税金控除で38,000円が戻ってきて、自己負担は2,000円ですから、実質10,000円分の食費の節約につながります。

月割りにしたらわずか800円ほどですが、確実に家計の足しにはなります。
しかも、自分が今まで食べたことのないようなものをいただくことができるので、やっぱりふるさと納税はやって損はない制度だと思っています。

トイレットペーパーなどの日用品を返礼品に選んで節約するという方法もありですが、ふだん自分では決して買わないであろう地方の食材のほうが、私にとっては魅力的。

年間10,000円の節約も10年では10万円になりますから、これからも楽しみながらふるさと納税をやっていきたいなぁ。

【楽天ふるさと納税】私のやり方を簡単に説明 戻ってくるお金も要チェック
友人から、「ふるさと納税をやってみたいけれど、なにをどうやっていいのかわからない」と言われたので、私のやり方をざっくりと説明しました。 昨年から楽天でふるさと納税を始めた私ですが、ポイントさえ押さえれば簡単にできるものだと思いました。...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました