スポンサーリンク

大量の小銭の使い方 ゆうちょ銀行では取扱手数料がかかるようになります

自宅にある大量の小銭貯金。
いつかゆうちょ銀行へ持って行って入金しようと思っていました。

しかし今年は、ゆうちょ銀行でも硬貨取扱手数料がかかるようになります。
自分の口座にお金を入金するのに、手数料がかかる時代となったのですね。

スポンサーリンク

子ども部屋から大量の小銭が

2年ほど前のこと。
社会人となった次男の部屋を片付けていたら、大量の小銭が入った貯金箱を発見しました。

小さい頃から次男は小銭を持ち歩くのが嫌で、財布の中の小銭は大きな貯金箱へどんどん入れていたのです。

次男に聞いたら「お母さんにあげる」とのことだったので、部屋の片づけ手数料としてありがたくいただくことにしました。

貯まりに貯まった小銭の中には、100円玉や500円玉も含まれていましたから、おそらく数千円にはなるでしょう。

この小銭は、ゆうちょ銀行の窓口へ持ち込んで、自分の口座へ入金しよう…と、ずーっと思いながら1年以上が経過。
そんな中、硬貨取扱手数料が新設されるというニュースが飛び込んできました。

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行硬貨取扱手数料

メガバンクや地方銀行では、大量硬貨の取り扱い手数料がすでに有料となっていますが、ゆうちょ銀行では手数料が無料でした。
しかし、ついに2022年1月17日から硬貨取扱手数料が新設されます。

ゆうちょ銀行窓口での取り扱いは以下の通りです。

硬貨枚数(窓口)手数料
1~50枚無料
51~100枚550円
101~500枚825円
501~1,000枚1,100 円
(以降 500 枚毎に 550 円加算)

窓口の場合、50枚までは無料で取り扱ってくれますが、50枚以上ある場合は簡単には入金できなくなりますねぇ。

硬貨は、1円だろうと500円だろうと1枚は1枚なので、例えば1円玉を1,000枚自分の口座に入金すると、通帳には1,000円が入りますが、手数料で1,100円持っていかれます。

大損です。(汗)

さらに、ATMでは1枚から手数料が発生します。

硬貨枚数(ATM)料金
1~25枚110円
26~50220円
51~100枚330円

*ATM での硬貨の取り扱いは、1 回の預け入れにつき 100 枚までです。

1円玉を100枚ATMで入金したら、100円の入金につき330円の手数料がかかります。
もはやなんのために入金しているのか、わけがわかりません。

また、ATMで払戻しに硬貨を伴う場合、110円の手数料が発生します。
怖くて硬貨に触れなくなります。(笑)

その他のサービスの料金新設・改定についての詳細はこちら

これからの小銭の使い方

ゆうちょ銀行で硬貨取扱手数料がかかるようになる前に、大量の硬貨を窓口へ持ち込もうと思っていました。

しかし、辞めました。

神社仏閣巡りで、お賽銭として小銭を使うことにしたからです。
都会の方では、お賽銭もICカードで払うところもありましたが、まだまだ小銭は必須です。

それに次男がせっせと貯めた小銭ですから、お賽銭として使えばきっと次男にもご利益があることでしょう(笑)。

日常ではキャッシュレス決済がメインとなっていますから、小銭の出番はほとんどありません。
またコロナ禍で、神社仏閣巡りも以前のようにできなくなってしまいましたが、今年こそは小銭が使えるようになればいいな…という願いも込めています。

もしも、自宅に大量の小銭がある方は、2022年1月17日から手数料がかかるようになりますから、その前にゆうちょ銀行へ持ち込むことをお勧めします。
また、大量の小銭は窓口が混雑する原因になりますから、事前に電話で連絡しておいた方が良いとのことでした。

それが面倒な方は、神社仏閣巡りへ行きませんかー?

 

コメント

  1. Akiko より:

    初めまして〜!
    ドライブレコーダーの検索から、こちらのブログに辿り着きました。
    とても読みやすく、かつ面白いですね(*^^*)
    しかも、私が気になっている話題と重なる部分が多々あり、ついコメントしてしまいました。

    私は大量の500円玉があります!!!!!
    無職でお金が無いので(笑)、
    カフェで珈琲を飲むお金にしようと思っています。
    働けって話ですが……

    • そらはな より:

      Akikoさんへ♪
      こんにちは(#^^#)
      コメントありがとうございます。
      カフェで珈琲(^^♪いいですね~!
      小銭も、目的を持って使うと意義がありますよね。
      私も、心してお賽銭に投げ入れたいと思います。