イオン銀行でイオンの株は買えない NISA口座の開設を直前でキャンセルしてイオン銀行へ言い訳をする 

スポンサーリンク

イオンの株を買い増ししようと、NISA口座の開設申し込みをしたのですが、イオン銀行のNISA口座ではいくらイオンの株でも買うことができなかったという、私のお粗末な大失態。

しかし、ダメ元でイオン銀行に電話をしてみたら、直前で運よくキャンセルすることができました。

 

イオン銀行からご丁寧に住民票が返送されてきましたが、再度住民票を市役所より取り寄せて、今度はSBI証券でNISA口座の申し込みをしたいと思います。

 

スポンサーリンク

NISA口座開設はSBI証券

SBI証券でイオンの株を買っているので、そのままNISA口座の開設もSBI証券でやればよかったものを、なんとなくイオンに義理を感じて、イオン銀行でNISA口座を開設しようと安易に考えたのがそもそもの間違い。

 

株を購入する場合は、ふつうは証券会社の口座で取引するからです。

しかし、イオン銀行のHPに【NISA】という文字を見て、イオンの株を買い増しするのだから、イオン銀行で買ったほうがいいよね・・・と思ってしまったのですよね。

 

銀行も、いまや投資信託や外貨預金まで扱うようになりましたが、株だけは買えないようです。

銀行で仲介をしてもらい、証券会社の株を買うことはできますが、銀行にも証券会社にも二重に手数料を支払わなければならないので、こんなもったいないことはありません。

 

そこで便利なのがSBIネット銀行とSBI証券。

SBI銀行の預金をSBI証券でも共有できるハイブリット預金というものがあるので、HP上で銀行の預金をハイブリット預金に移動させておけば、SBI証券で株を購入することができます。

すごい便利!

もちろんSBI銀行からハイブリット預金を介してSBI証券にお金が移動しても、手数料はかかりません。

 

だから初めっからSBI証券でNISA口座開設でよかったものを・・・。

あまりにもイオンが好きすぎて、盲目状態になっておりました・・・。反省。

NISA口座開設の流れ

1.SBI証券でNISA口座開設の書類請求をする

2.手元に書類が届いたら必要事項を記入し、住民票とマイナンバー、免許証などの本人確認書類のコピーを添付し郵送

3.証券会社から税務署へ申請

4.税務署で審査の末、NISA口座開設

 

NISA口座開設までには2~4週間かかるようです。

イオン銀行でNISA口座開設をキャンセルできた理由

イオン銀行でNISA口座開設をするために必要書類をポストに投函しました。

そして2日後、イオン銀行のNISAでは株は買えないということに気づきました。

半ばあきらめ、半ば投資信託を買うべきか悩んだのですが、1年ごとに金融機関を変更できることを知り、そのための手続きはどうしたらよいかイオン銀行の電話をかけたのが、ポストに投函してから5日後のことでした。

 

そして、イオン銀行のNISA口座開設は、キャンセルすることができたのです。

私が投函した書類は、イオン銀行で税務署へ提出する部署へ回っていたそうですが、まだ税務署へは出されていなかったので、キャンセル可能だったそうです。

これが税務署へ提出されていたら、手続きがさらにややこしく日数もかかっていたのだそうで・・・。

 

本当に、ギリギリセーフのところでした。

 

ダメでもともと、思い立ったらなんでも問い合わせしてみることが大切ですねぇ・・・。

そのために、イオン銀行には大変ご迷惑をおかけしたわけですが・・・。

 

「私、イオンが大好きで、イオンの株も持っているのですが、今度イオンの株を買い増ししますので・・・」

イオン銀行の電話で応対してくれた方へ、あわてて説明する私。

誰も聞いちゃいないのに・・・。

小学生のようなバツの悪い言い訳で、本当にお恥ずかしい・・・。

こんな私にも、イオン銀行のお姉さんはやさしかった・・・。

 

 

SBI証券で、イオンの株を買い増しして、来年のイオンの配当金は税金が引かれていないまるっと全額いただくぞー!

コメント

  1. レッサーポンタ より:

    そらはなさんの言い訳が可愛くて、イオン銀行のお姉さんも笑いをこらえていたかなぁなんて想像しちゃいました(笑)

    私も住信SBIで銀行も、証券も持って
    株はそちらで買ってます。
    NISA開設前に買ったものは、税金とられているから、
    いつかそちらを売って、NISA扱いで買い直したいと思っているけど
    なかなかタイミングが難しいですね。株価だけあって。
    とはいえ、配当金の税金を考えると
    最初に買った時より、明らかな損はしなければ、いいんですけどけ~
    少しは儲けを出したいなーってケチな心が(笑)

    • そらはな より:

      レッサーポンタさんへ♪
      へへへへへっ(^-^;
      「イオン大好きです」とか「イオンの株もってます」とか「イオンの株を買い増しします」とかとか・・・
      聞かれていないのにベラベラしゃべってしまいました。
      そうか。
      NISAができる前に買ったイオンの株を売って、NISAで買いなおせばいいのですよね。
      とはいえ、最初に買ったイオンの株は1,000円ちょっとで買ったものなので、今は株価が上がってなかなか買うタイミングがわからないのですよねー。
      私もケチ心が全面に押し出ていて、なかなか踏ん切りがつきません。
      ・・・その前に、NISA口座開設せねば!

  2. アラフィフ主婦 より:

    間に合ってよかったですね!
    株だけでなく、投資信託も銀行で売買するのは有り得ないですから。
    (某地銀など、一部を除いて)
    私はSBIがとてもややこしく感じ、口座を潰したところです。
    (口座解約の手順も経験された方のブログを参考に。助かりました)
    引っ越し先はカブドットコムにしました。
    フリーETF、女子割、シニア割などが魅力だったのと、
    三菱系なので、私に突然の事が起こった場合、家族が相談しやすい場所が多いかなと。
    ネットバンクやネット証券はこれが一番のネックですよね。
    エンディングノートに書いていても対処が難しいです。

    投資は楽しいけど難しいですね。
    何十年やっていても、確実な投資法はわかりません。
    それがわかれば本書きますわw

    • そらはな より:

      アラフィフ主婦さんへ♪
      みなさんから、口座の変更が1年ごとにできると聞いたおかげで、イオン銀行に電話をかけてキャンセルすることができました。
      ありがとうございます。
      SBIの口座の解約は、そんなにややこしいのですかー。
      まだそこまで考えたことがなかったのですが、死ぬ前に口座の整理もしておかないと、子どもたちが大変な思いをしそうですね。
      なんだかいろんなものが中途半端で、本気でエンディングノートを整理しなくてはならないなぁ・・・と思っています。
      投資もいつかは解約しなくてはいけないですしね・・・。
      辞め時が難しい・・・。

  3. もりの より:

    キャンセル出来て良かったですね。
    住民票は6か月有効ですが、期限切れちゃってます?

    • そらはな より:

      もりのさんへ♪
      イオン銀行から住民票を返却してくださると聞き、これをSBI証券へ回そうと思っていたのですが、返却された住民票はマジックで名前や住所が塗りつぶされていたりしていました。
      税務署へ回す前の処理なんだと思われますが、これはしかたがありませんね(^-^;
      他の用途には使いません・・・という意味で返却してくれたのだと思います。
      残念ですが、再度住民票を取り直します。