老鳥期 我が家のセキセイインコが歳をとったなぁと感じる瞬間

スポンサーリンク

セキセイインコの餌には、”老鳥用シニア”というのがあり、4歳を過ぎたら初老期の仲間入りだと記されています。

ならば、7歳を過ぎた我が家のセキセイインコのソラは、人間でいう後期高齢者に該当するのではないかしら。

たしかに最近のソラを見ていると、歳をとったなぁ・・・と感じる瞬間は多々あります。

いつまでも元気でいてほしいと願うのは、人間でも小鳥でも一緒なんですね。

スポンサーリンク

セキセイインコの年齢

セキセイインコの平均寿命は7~8年と言われていますが、適正な生育環境では10年も15年も長生きする子もいるようです。

我が家のソラも今年7歳となりました。

人間でいえば50代後半。

私とそんなに変わらないのですよね・・・。

 

しかし、私はシワもシミも増えて残念な外見になっていくというのに、ソラの姿は全然変わりなく若々しいのは、なんともうらやましいところ。

そんなソラですが、やはり歳をとったなぁ・・・と感じるところはいくつかあります。

セキセイインコが歳をとったと感じる場面

1.飛距離が短くなった

2年くらい前から、飛べなくなったと感じています。

若いころは、部屋の中をパタパタパタパタいつまでも飛び回っていたのですが、今はせいぜい2Mも飛ぶと疲れて不時着するようになりました。

dsc04212

 

床に不時着すると、ソラ自身かなりショックなのか、しばらく固まったまま動けないでいるのですよね。

 

dsc04220

羽の力は弱ってきていても、脚力は鍛えようと必死です。

レースのカーテンを利用してロッククライミングならぬカーテンクライミングで、ロコモシンドロームにならないよう運動中。

 

dsc04214

こーんな風に逆さになってみたり・・・。

 

dsc04221

ズンズンと上まで登るソラ。

いいぞ、ソラ。

 

2.吐き戻しをしなくなった

2年ほど前から、ソラは吐き戻しをしなくなりました。

セキセイインコは、愛情表現のひとつとして、気に入ったものに自分が食べた餌を吐き戻す習性があります。

 

ソラが若いころは、キーホルダーやマスコットを自分の足で押さえつけながら、ゲロゲロと吐き戻しをしていました。

 

娘の親指の爪も大好きだったし、ソフトバンクのカイくんのぬいぐるみも大好きで、よく餌まみれになっていましたね。

鏡の中の自分に惚れて、鏡にも吐き戻しをしていたので、いつも鏡は曇っていましたっけ・・・。

 

dsc04227

カーテンの上の部分のほどよい硬さもお気に入りで、ここにもよく吐き戻していました。

今は、吐き戻しこそしませんが、やはりここはお気に入りの場所で、よくかじっています。

 

dsc04228

ソラが好きな場所は、かじった跡があるので、すぐにわかります。

 

dsc04223

ダイニングテーブルの上の電灯の傘の上もお気に入りですが、若いころはこの電灯の紐をよじ登っていき、天井をガシガシとかじっていました。

 

 

dsc04230

天井がソラにかじられた痕跡は、今でもしっかりと残っています。

 

 

dsc04233

壁掛けの鏡の上の淵にいるのもお気に入り。

こんな狭い場所に、いつも張り込みデカのように壁にくっついている姿が笑えます。

 

年なんだから、無理しなくてもいいのにね。

dsc04234

余計なお世話・・・ってか?

 

3.遊ぶ時間が減った

以前は何時間でもいろんなところを散策し、興味津々で動きまわていたのですが、今はせいぜい30分くらい。

 

dsc04237

一通り遊び終わると、最後は必ず自分のかごの上へ戻ります。

 

ここで、羽繕いをするのが朝の日課となりました。

 

dsc04238

やっぱり自分のかごの上は安心するんでしょうかね・・・?

 

 

dsc04254

そしてお休みポーズ。

 

このかごの上も、しばらくいると、自分でかごの中に戻っていきます。

疲れるんでしょうねぇ・・・。

 

ソラ。

私とあなたは同世代なのだから、まだまだたくさん楽しいことをして遊びましょう。

 

鳥なんか嫌いだと思っていた私が、娘にせがまれてしかたなく飼うことになったのが、ソラだでした。

娘はあと1年と少しでこの家を出ていくと思うけれど、ソラのことは最期まで責任をもって私がみるからね。

 

 

dsc04225

血の気盛んな若者がもう一羽・・・。

 

オカメインコの平均寿命は、15年~20年、中には30年という子もいるそうですが・・・。

ひぃぃぃぃ~。

30年も生きたら、私は80歳!!

ハナも最後まで責任を持ってお世話をするので、私も長生きしなきゃならんわね・・・。

 

骨折?麻痺?セキセイインコが足の指を丸めたまま開かないので病院へ連れていく
我が家のセキセイインコのソラは、先日10歳になったばかり。 セキセイインコの平均寿命は7~8歳といいますから、かなりの老鳥です。 そんなソラの左足の指の1本がクルっと丸まって開かないことに気が付いたのは、数日前。 止まり木にもとま...

 

コメント

  1. ねこのしっぽ より:

    こんにちは、そらはなさん。
    う~ん♡キレイな空色のソラちゃんですね~。
    実は私、5か月前に19歳の愛猫を看取り、まだ寂しい所なんです。
    しかもまだ気配を感じたりもして(^_^;)

    そうそう過去記事でハナちゃんの台詞付き写真でゲラゲラ笑った所です。
    今日の台詞も秀逸ですっ!表情とピッタリっ!\(^o^)/
    ペットは飼うと大変な事もあるけども、それ以上に喜びも与えてくれるので、
    しばらくしたら、飼いたくなってしまうかもww

    これからもソラちゃんとハナちゃんと楽しい時間を過ごして下さいね。

    • そらはな より:

      ねこのしっぽさんへ♪
      19歳のねこちゃん!!ですかー。
      とても長生きだったのですね。
      私も猫が大好きなのですが、長男が猫アレルギーで飼えなかったのですよね。
      そのうち娘がインコを飼うことになって、ますます猫は飼えなくなりました。
      でも、インコもかわいい(#^^#)

  2. ジャスミン より:

    はじめまして!
    お宅のソラちゃんをみてビックリしました!というのも、うちの雄のセキセイインコも同じブルーで今年で7年目になり名前も「そら」と言います!
    (元々姪っ子が飼い始め名前も姪っ子がつけたのですが、姪っ子の両親が共働きで昼間誰もいない家で飼うのがかわいそうということになり、うちで7年間可愛がってます)

    うちのそらは去年の9月から左羽の先に腫瘍が出来てしまい(様々な検査の結果、悪性ではなく細菌のせいでもないようで原因不明だそうです)毎月通院しておが薬も飲んでいます。今年始めまで元気でしたが1㎝近くもある腫瘍のせいで飛ぶときのバランスが上手くできなくて、歳もせいもあってか飛ぶのも着地も下手になり先月から活動が減りとても甘えん坊になり、今では家族の誰かの手の上で寝てばかります・・・

    餌も居間のテーブルの上に常時食べられるように出し、先日はかご内に段ボールで床を高めに作り、止まり木がなくても歩いて餌や水が飲めるようにしたところ、夜間の食べる量とウンチの量が増え一昨日からまた少しさえずったり、ちょこちょこ歩いて自分の好きな場所で寝たりするようになりました。

    お宅の写真を見て、かごまでうちと同じで本当にビックリし、なんとも言えない親近感を感じずにはいられなくて、長々とコメントさせて頂きました(^^;

    (うちの姪っ子も今年から女子大生で、これからはなかなかそらに会いにこれなくなりそうですが、その分今まで以上に可愛がって大切に面倒をみていきます!)

    お宅のソラちゃんも衰えを感じた始めたとはいえ、まだまだやんちゃでお元気そうで何よりです!!!またソラくんの写真楽しみにしてます!

    • そらはな より:

      ジャスミンさんへ♪
      はじめまして(#^^#)
      わぁー。こんな偶然ってあるんですね。
      セキセイインコって、羽の先にも腫瘍ができるんですか!もうびっくりです。
      インコも人間並みにいろんな病気があるんですね。
      小さな生き物だけに、元気のない様子をみるのは、心が痛みます。
      我が家のソラも、飛距離が短くなったのでよく不時着しますが、その時ばかりはソラもショックなのかしばらく石のように固まって動きません。
      若かったころは、飛び回ってつかまえるのに苦労しましたが、飛ばなくなった今は、やっぱりそれも心配で・・・。
      少しでも長生きしてくれたらいいなぁと思います。