シルク・ドゥ・ソレイユ トーテム仙台公演 想像力豊かでないと理解するのは難しいかも

舞浜でやっているシルク・ドゥ・ソレイユがなんかすごいらしい・・・と聞いたのは、もう10年も前のことだったでしょうか。
そんなにすごいのなら観にいきたい!と思っていたのに、いざ行こうと思ったら、すでに終了されていて、とても残念に思っていました。

ところが、シルク・ドゥ・ソレイユってツアー・ショーとして、日本中を巡回公演していたのですね。
このたび仙台で、シルク・ドゥ・ソレイユ トーテムを観てきました。

正直な感想を書いちゃいます。

スポンサーリンク

トーテム仙台公演

シルク・ドゥ・ソレイユ トーテム仙台公演は、2017年4月6日~5月21日まで開催されています。
仙台市長町駅から徒歩5分。
ゼビオの隣にドドーンと大きなテントを構えています。

それにしても長町って、すごいおしゃれなお店が並んでいて、新しい街並みなんですね。

車で行ったので、長町駅周辺にあるコインパーキングに停めました。駐車料金は、3時間半ほどの駐車で1,050円でした。

上演時間が微妙

トーテムの上演時間は、途中休憩30分をはさみ、トータルで2時間20分。
公演時間の1時間前には、テント内に入ることができ、座席に案内されるのは30分前。

私は、11時30分からの公演を観たのですが、思いっきりお昼を挟むので、なんだか微妙な上演時間だなぁ・・・と思っていました。
10時からの公演であれば、終わってからお昼を食べることができるし、13時からの公演であれば、先にお昼を済ませてから行けるのに。

テント内には10時30分には入ることができたのですが、テント内に飲み物や食べ物を持ち込むのは禁止。
しかし、テント内にはドリンクや軽食、そしてお弁当が売っているので、嫌でもそこで買うことになります。うまくできてます、はい。

絶対に途中で喉が渇くよなぁ・・・と、ドリンク購入(350円也)。

座席位置

当日は、朝から晴天。最高気温24度で、半袖でもいいくらい。
ところが、ショーが行われる会場内は、冷房が効いていた。少し寒く感じるくらい。
なので、暑い日でも羽織ものは持参したほうがよいと思います。

座席位置は、Eブロック9列目。
ステージと座席がとても近いので、全体を観るにはちょうど良い位置でした。

お客さんは8割くらいの入りですかねぇ。
ほとんどがSS席で、ステージ横のA席は半分以上は空いていました。
どうせ観るなら、よく見える位置のほうがいいですよねぇ。

私は前もって予約をしていましたが、当日券売り場にもけっこう人が並んでいました。

シルク・ドゥ・ソレイユ トーテム感想

さて、初めてのシルク・ドゥ・ソレイユです。
私の認識は「サーカスをプロジェクションマッピングを使いおしゃれに演出したもの」で「パフォーマンス集団の技がすごい」というイメージ。


そして、トーテムは「人類の進化をテーマにした物語」なんだとか。

ここから素直な感想です。

******************************

プロジェクションマッピングがもっと大がかりなものを想像していましたが、意外と小さかった。後ろの壁一面とかではないのですよね。床の部分のみ。映像はとてもリアルなだけに、ちょっと残念な感じ。

オープニングは感動した。地球の始まりをイメージしていて、天井からミラーボールのような銀色の人が下りてきた時は、泣きそうになった。
あとで知ったのですが、この人はミラーボールではなく、クリスタルマン。宇宙からやってきて、地球に生命を与えるという役割。
なに、これ!みんなが一生懸命やる姿というのは、私の好きなやつやん!

その後は、「自然の驚異」「科学と情熱」「文明の進歩」「愛の起源」というテーマに沿って、ショーが繰り広げられます。

が・・・、これが事前に解説はないので、一生懸命想像力を働かせようとするのですが、ちょっと理解できないところも多々あり。

基本はサーカスなので、一輪車の曲芸あり、空中ブランコあり、マッチョな筋肉技あり、ピエロな道化の見せ場あり、トランポリン的な技ありですが、今これが「自然の驚異」というテーマなのか、「科学と情熱」というテーマでやっているのかわかっていないと、トーテムの深さが伝わらない。

「おおーっ!」とか「えっ!」とか「すごっ!」とか思わず声が出てしまうような驚くところはありましたよ。筋肉美、柔軟美がすごかったですよ。

だけど、「ああ、これは文明の進歩を表現しているんだなぁ・・・」なんて思いながら見ている人ってどれくらいいるんでしょう。

なんせ初めてのシルク・ドゥ・ソレイユですから、なかなか奥深いところまで入り込めなくて、ごめんなさい。

その日の演者さんの調子によって、演目が変わるんでしょうね。

観終わったあとの私と娘の感想は、ほぼ同じ。
「すごかったけど・・・また観たいとは思わないかな」

しかし、想像力豊かな長男はちがっていました。
「すごいおもしろかったー!よかったなー!」と。
その後、長男から、あの場面はこういう状況を表していたとか、途中に出てきたおじさんはエジソンなんじゃないかとか・・・そんな説明を受けて、私もあぁ、そうか、そういうことかと納得したのでした。

人の感性は人それぞれですもんね。
そして、何事も1度は経験してみないと、わからないことってたくさんありますよね。
シルク・ドゥ・ソレイユ観てよかったです。

しかし、土日祝日公演でSS席13,500円って!高すぎ!!
でも、特設会場なのに空調設備といい、座席の立派さといい、すばらしいのですよ。
ハード面にもかなりお金がかかっているので、これくらいのチケット代になるんでしょうね。

でも私、同じ1万円を払うのなら、やっぱり劇団四季に行っちゃうな・・・。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする