認知症

認知症

介護を一人で抱え込まないために最初にやること

介護は家族だけで抱え込まずに、多くの人の手を借り様々な支援やサービスを受けながらやっていくのが良いということは、重々承知しています。 しかし、介護サービスの利用の手続きをするのは、サービスを受ける本人ではなく、たいていは家族が行うものです...
認知症

ヘルパーを非難した母をみて認知症の介護は家族だけでは無理だと思った出来事

認知症は、新しい記憶をインプットすることは難しくなりますが、「うれしい」「楽しい」「悲しい」「嫌だ」といった感情は長い時間残ると言われています。 特に負の感情のほうはいつまでも残るので、不愉快な感情だけが独り歩きをし、行動や心理症状がます...
認知症

介護サービスを嫌がる母がヘルパーさんを受け入れることになったキーワード「もったいない」

昨年、母は要支援1から要介護1と認定されました。 自分の身の回りのことは自分で行えているとはいえ、家の中にこもりっきりの母に介護サービスを利用したくて、何度か母へアプローチをしてみました。 「そんなところへ何しに行くの?」 「私は...
認知症

認知障害で要介護1の母 週3回の訪問介護サービスにかかる費用

母のところへ週3回ヘルパーさんがきてくれることになりました。 介護保険制度が始まって18年。 私自身も40歳から介護保険料を納めている身ですが、介護保険サービスについては何ひとつわかっていませんでした。 母が実際に利用する訪問介護...
認知症

「認知障害がけっこう進んでいます」訪問介護サービスプランは生活援助に加え身体介護も追加となる

ケアマネさんと契約を交わしてから数日後、ヘルパーの責任者ともお会いして正式に契約をしてきました。 要介護1である母が受ける訪問介護サービスは、身体介護と生活援助が組み合わさったもので、さらに所要時間やその他の加算されるものが絡み、複雑すぎ...
認知症

要介護1となった母の介護サービスの利用のしかたがわからない問題

昨年、母は要支援1から要介護1となりました。 しかし、要介護1となってもこれまで介護サービスを利用したことはありません。 その理由は、母の日常生活がある程度自立していること。 介護サービスを利用するには、私にとって入り口のハードルが高...
認知症

物盗られ妄想対処の仕方 わかっちゃいるけど気分は悪い

久々に母の物盗られ妄想です。 最近は母も穏やかで落ち着いていたのですが、やはり自分の親に疑われるということは、悲しい感情よりも先に、怒りが先に出てきてしまいます。 母は認知症なのだから仕方がないと理解はしていても、自分の対応の仕方がまず...
認知症

認知障害である母との関り 穏やかであることと怒らなくなったことは違うと思う

母の部屋へ入ると、電話で話をしている最中でした。 数秒ほどその場で待ってみたのですが、電話は終わりそうもなかったので、いったん引き上げることにしました。 そして私は、部屋の外で母の電話での会話に耳を澄ませることにしました。
スポンサーリンク