はじめての方はこちらへどうぞ

夫が不在時の一人晩ご飯を面倒くさがらずにつくるコツ

スポンサーリンク

今日は夫が泊まりでいない。
そんな日の晩ご飯は、なるべく簡単に、あるものを適当につまんで終わりです。

しかし、それも連日となると体がちゃんとした食べ物を欲してくるんです。
そして、いつかは本当に一人になる時がやってくるのだと思っています。

一人の時の晩ご飯を、面倒くさがらずにつくるにはどうしたらよいかと考えました。

スポンサーリンク

夫がいない時の晩ご飯

主婦を長いことやっていると、ほぼほぼ毎日何かしらご飯は作りますよね。
うちは3人の子どもたちが全員家を出たので、今では夫と2人暮らし。
でも、夫のために毎日晩ごはんは作ります。

夫は、食べるものに関してはうるさく言う人ではないので、作ればなんでも食べる人。
好き嫌いもほとんどないので、その点では大変助かっています。

ただし、料理はまるでできません。
私がつわりで何も食べられなかった時も、高熱を出して寝込んでいる時も、パウチに入ったレトルトのおかゆを買ってくるような人です。

私からみれば、市販のおかゆを買うなんて考えられないことなのですが、夫からすればそれが私に対する精一杯の誠意なのでしょう。

おっと!
夫の愚痴になっちゃいましたが、結婚生活ン十年、ずーっと料理を作ってきた私は、夫が飲み会だったり出張で泊まりだったりすると、うれしくて小躍りしちゃうんです。

夫がいなければ、ご飯なんてわざわざ作りたくありません。
お茶とお菓子を適当につまみながら、録画していたテレビをゆっくり見て、ダラダラ過ごす時間が究極の幸せだったりします。

スポンサーリンク

これではいかん

2日続けて夫がいない夜。
さすがに2日めになると、身体が何かを欲するようになりました。

人間って、必要な栄養素が不足すると、それを自然と補いたくなるのです。
昨日の夜も、適当にあるものをつまんで終わったのですが、今日は何か「ご飯」を食べたい。

そして思ったのです。

いつかは私も本当に一人暮らしになる時がくるかもしれない。
そうなれば、毎日パラダイスとばかりに、ダラダラした生活になるかもしれない。
このままでは、食生活が乱れるにちがいない。

だけど、人間の体は食べたもので構成されています。
健康な体は、健全な食生活が基本のキなのです。

面倒くさがらずに、食事もちゃんと作って食べなければと思いました。

野菜たっぷり焼うどん

とりあえず冷蔵庫に何があるか見てみました。

キャベツ、玉ねぎ、人参、水菜、焼き豚。
みんな使いかけの切れ端です。
でも、これだけあれば十分です。

 

火の通りを早くするために、細めにカットして時短料理をします。

 

冷凍うどんは、レンジで1分ほどチンして解凍。
これらを使って、今日の晩ご飯は焼うどんに決定。

 

うどんよりも多い野菜をフライパンで炒めます。
これで野菜もたっぷり摂ることができて、身体にも良さげ。

 

味付けは、ソース三兄弟。
ウスターソース、オイスターソース、お好みソース。

だしの素を軽くふってから、ソース三兄弟で好みの味つけにします。
分量は適当だから、そのつど味が変わります。

でも家庭料理が飽きないのは、同じ料理でも微妙に味が変化するからなんですよね。
毎日同じお惣菜や同じレストランの同じメニューは、2日続けば飽きるというのに、自分が作る料理は決して飽きないという自信があります。

 

そして、一人晩ご飯の完成です。

名付けて「三種のソース焼うどん 水菜のせONマヨネーズ」ってなところでしょうか。

 

作り置きのポテトサラダにブロッコリー。
そしてお茶なんか添えたら、なんだかテンションあがってきました。

一人晩ご飯を面倒くさがらずにつくるコツ

料理が心底好きな方は、自分1人でも自分のためにご飯が作れるのだと思います。
私も、基本的に料理をするのは嫌いではありません。
だけど、好きかと言われたら、なるべくならやりたくない・・・というのが本音です。

これまでは、食べ盛りの子どもたちにせっせと作り、働く夫のためにせっせと作ってきました。
食べてくれる人がいるからこそ、作る意欲も気力もわいてきたのだと思います。

でも、いずれ一人になったらどうしましょう。
面倒くさいからといって、毎日お惣菜やコンビニのお弁当では、3日めには嫌になります。

かといって、毎日いろんなレストランを渡り歩くのも、お金が続きません。
それに、基本的に家にいるのが好きな私。
そんな私が、家の中で一人ごはんを面倒くさがらずにつくるコツは?

それは、何かひとつの工夫を施すことだと思います。
盛り付けかたを「映える」ように工夫したり、旬な食材を使って旬なものを料理して季節を感じたり。
時には食卓にお花を飾って、レストラン風を装ってみたり。
一流レストランじゃあないのだから、料理に何時間も手間暇かける必要はなく、ほんの少しの一工夫ってところでしょうか。

結局は、自分で自分のご機嫌をとり、気分良く過ごす。
たったこれだけのことを、毎日毎日続けていくこと。

夫のいない夜に、そんなことを考えたりしました。

さて。
年末には子どもたち3人が帰省します。
ゆったりのんびり過ごしてきた私も、しばし忙しくなります。

子どもたちに何を作ろうかな。
こんなことを考える時間も、私がご機嫌になれる時間なのですよね。

 

コメント

  1. このちな より:

    そらはなさんこんにちは 私も夫が忘年会だった昨日は 肉うどんを食べておしまいにしました 同じですね ところで電気代ですが 電力会社を変えることにより 電気料が安くなるらしいんですけど その事についてはそらはなさんは何か調べられたりご意見とかありますか よかったらお教えください よろしくお願いいたします

    • そらはな より:

      このちなさんへ♪
      実は、今年電力会社を変えました。
      東北電力から、民間の電力会社にしました。
      ただし、我が家は2世帯分をまとめて支払うので、日中ずっと家にいる母と、夜になってから家にいる私と夫とで、常に電気は使っている状態です。
      なので、月に数百円程度は安くなったような気がしますが、あまり大きな変化はないように思っています。
      でも、なにか電気のトラブルがあった時、連絡する相手が東北電力と、民間の電力会社と、どちらに連絡しても良いので、窓口が2つになって心強いというのはあります。
      今のところ感じているのはこんなところでしょうか。

  2. 雪あられ より:

    こんにちは。昨日のお昼帰宅してお腹すいたー!いつもならカップ麺っていうところでしたがそらはなさんを真似して野菜と少しだけ冷凍していたお肉で焼うどん作ってみました。美味しい上野菜もたっぷりとれて満腹感もありいつもは小腹が空いて3時のおやつをしていましたがしなくても大丈夫でした。このさっと自分で作れる料理をこれからのために身につけておかないといけないですね。これからもお手軽レシピ教えてくださいね〜!

    • そらはな より:

      雪あられさんへ♪
      私もカップ麺、あるあるですよー。
      でも、カップ麺って続くと飽きるんですよねー。
      若い頃は、身体のこのなんてなんにも考えず食べたいものを食べたいだけ、食べていたものですが、食生活の乱れが直に体に響いてくる年齢となりました。
      暮らし方も食べ方も、年を重ねるごとに丁寧にしていかなければなりませんねぇ・・・。