スポンサーリンク

自家採取した種から咲く花はすべて黄色?マリーゴールドの諸事情

自家採取したマリーゴールドの種から育てるのも、今年で2年目。
発芽率が極めて悪いマリーゴールドですが、実は昨年不思議に思っていたことがあります。

それは、発芽した種から花が咲いたマリーゴールドは、すべて黄色い色だったということ。
そして今年もまた、すべて黄色い花が咲いたことで、私の疑惑は確信へと変わりつつあります。

スポンサーリンク

自家採取したマリーゴールドの発芽率

昨年も、300粒以上の種を育苗箱へバラ蒔きし、発芽したのはわずか10個だけ。
発芽率は極めて悪く、推定3%。

保管の仕方が悪かったのだと反省し、昨年自家採取した種はしっかり乾燥させ、紙袋に入れて冷蔵庫にて保管しました。

そして今年は、トレイに濡らしたキッチンぺーパーを敷き、そこへ種を置いてこの目で発根を確認しようと思いました。


▲自家採取したマリーゴールドの種

発根が確認できたものを土に蒔けば、発芽率が極めて悪い種でも、効率よく芽出しできます。

しかし、悲しいかな。
今年も、発芽したのはわずか10粒。


▲マリーゴールドの種から発根

やはり、昨年と同様、発芽率は数%。

その後、独自の調査により(極めて主観的)、自家採取のマリーゴールドの種というのは、不稔種子(発芽しない種子)が大半を占めるという結論に至りました。

えー!
でも、マリーゴールドってこぼれ種からでも芽を出すから発芽率は良いよね?

と、私も最初は思ったのですが、そもそもマリーゴールドのひとつの花には種が100粒以上は入っています。
そして、1株のマリーゴールドに咲く花も、次々に開花し100個以上になります。

そこからこぼれ種で1つが発芽したとしても、確率的には1/10,000ですよね。
超難関をくぐりぬけた、ずば抜けて優秀な種なのでしょう。

スポンサーリンク

市販の種の発芽率

自家採取した種の発芽率の悪さにシビレを切らし、今年は市販の種も買ってみました。


▲自家採取の種のと市販の種

そして同じように、トレイにバラ蒔きして発根するのを確認しました。

すると、バラ蒔きした翌日からドンドン、ジャンジャン発根しまくり、ほとんどの種が発根するという結果となりました。

市販の種の袋には、「発芽率70%以上」と書かれていますが、決してジャロではありませんでした。(JARO=日本広告審査機構すなわち誇大広告)

この違いはいったいなんジャロ?

自家採取した種はすべて黄色の花が咲く

実は、自家採取した種というのは、昨年横浜に住む方から送っていただいたオレンジ色のマリーゴールドの苗を育てたもの。

「ハマのマリー様」と名付け、大切に育てて、その花の子孫を絶やすまいっ!とばかりに、種を丁寧に採取し、大事に保管していたものです。


▲ハマのマリー様たち

10個発芽した2代目ハマのマリー様は、途中で3個の命が尽きてしまいましたが、7つの苗は順調に成長しました。

それをポットに移し大事に育てまくり、ある程度大きくなったところで、ポタジェガーデンのセンターへ定植しました。


▲マリーゴールド定植

センターの歩道とトマトの間に、オレンジ色のマリー様が咲いたら、さぞかし華やかでしょう。

ところが・・・。

最初に開花したのは、黄色い花。
あれ?おかしいな。
オレンジ色のハマのマリー様の子どもなのに、なぜ黄色?

ああ。きっと黄色の種がどこかで混じってしまったんだなぁ。

と、この時は単純にそう思いました。

 

しかし。
次に咲こうとしている花の蕾も、黄色じゃね?

 

あれれ?
これも黄色っぽくね?

 

え?
やっぱり黄色ですよね?

なんと、ハマのマリー様のご子息は、すべて黄色い花になっていたのです。

で!
思い出したのですが、昨年も自家採取した種から10個が発芽し、それが開花したらすべて黄色い花のマリーゴールドでした。

昨年は、オレンジや黄色を分けず、ごちゃまぜにした種をばら蒔きしたのに・・・です。

横浜から届いたマリーゴールドはオレンジ色だったので、それに合わせたように黄色いマリーゴールドが開花して、もうこれは奇跡だよね、とか思ったのですが、自家採取した種からは黄色い花しか咲かないのでしょうか。

花の原種は黄色だという説

野菜や花の種には、一代交配種やF1、またはハイブリッド種子と呼ばれるものがあります。
これらは呼び方が違うだけで、すべて雑種一代目の種子のことです。

形質の異なる両親を掛け合わせてできた品種であり、生育旺盛とか形が良いとか、両親のいいとこどりの子どもが生まれます。

しかし、一代交配種から取り出した種は、形質がさまざまになり、揃いも悪くなるというのが特徴です。

タキイの種の袋には、一代交配種とかF1という記載はなかったのですが、市販の種の発芽率が極めて高いということを考えると、そうなのかもしれませんね。

そして、自家採取した種の発芽率が極めて低いというのも、そういうことかとうなづけたりします。

太古の昔、花はすべて黄色い色だったという話を聞いたことがあります。

黄色は、虫たちが見つけやすい色だそうで、虫を介して受粉を助けてもらう花たちの作戦なのでしょう。

なので、自家採取したマリーゴールドの種の花も、原種返りで黄色くなるのかな?なんてことを思いました。

あくまでも私の仮説ですけどね。

こうなれば、今年もまたオレンジ色のマリーゴールドの種を自家採取して、来年も花を咲かせたい!
そんな目標ができました。

 

コメント

  1. このちな より:

    こんにちは!
    黄色ばかりだなんて、ちょっと残念ですね。
    私は帝王貝細工と言うサラサラとしたお花を種から撒きましたが(市販の種)育ったのはピンクと赤ばかり、黄色やオレンジは?
    ちょっと不満でした。
    育て安い強い色ってあるんですね!

    でも、お花は楽しいですね。
    また、頑張りましょう♪

    • よしこ より:

      私も毎年、自家採種でマリーゴールドを花壇に植えてますが、オレンジ、黄色、交じった色の三種類が、同じくらいの確立で咲きますよ‼️黄色が少ないくらいです。不思議です….?

      • そらはな より:

        よしこさんへ♪
        うらやましいですー。
        ちゃんとオレンジや黄色のお花が咲くんですね。
        今年も種を自家採取して、来年はどんな花が咲くのか、楽しみが増えました!(^^)!

    • そらはな より:

      このちなさんへ♪
      帝王貝細工って、初めて聞きました。
      調べてみたらとってもかわいいお花ですね(#^^#)
      こちらでは種もみたことがないのですが、もしも見かけたらぜひ育ててみたいです。
      本当に、お花はおもしろいですね。