スポンサーリンク

キッチンをちょこっと模様替え

休日だというのにあいにくの雨模様。
こんな日は、おうちの中を暮らしやすくメンテナンスいたします。

本日は、キッチンのプチ模様替えをしました。
使い勝手が良くなり、キッチンに立つのが楽しくなりました。

スポンサーリンク

キッチンのプチ模様替え

何年先になるかわかりませんが、いつかは家のリフォームをしたいと思っています。
そのためにも、今は新たにモノを買うことはせず、極力あるもので工夫を凝らしたい。

そんなわけで、雨の日はポタジェガーデンづくりもできないし、キッチンの模様替えをすることにしました。

結婚当時に買ったデカい食器棚は、2年前に上段半分を処分し、その時に自分が使いやすいように物の配置をいたしました。

上段のなくなった食器棚の上には、オーブンレンジ、炊飯器、ホームベーカリーを置いていたのですが、最近なんだかプチストレス。


▲2020年5月 食器棚の上段を処分した後

というのも、シンクでお米を研いだり、ホームベーカリーに材料を計って入れて、そこからわざわざ振り向いてセットするのが、なんだか嫌。

なんで180度振り向かなきゃならんのだ?(←自分でそう配置したのですが)
と思ったら、いてもたってもいられなくなり、模様替えをすることにしたのです。

 

ってなわけで、食器棚の上に小さ目のカラーボックスを置いて、そこをカフェコーナーにしてみました。

 

上にはネスカフェバリスタと電気ケトル。
下にはお茶セットなどなど。

使うもののそばに置くのが、最大のストレスフリーになるのはわかっているのに、なんで前回はそういう発想ができなかったのでしょう。

 

そして、今までバリスタや電気ケトルを置いていたところには、炊飯器とホームベーカリーがすっぽり収まりました。

わずかこれだけ入れ替えただけなのに、家事の動線がスッキリ。
お米を研いだら、すぐ横の炊飯器にセットできて、めちゃくちゃ楽ではないですかっ。

なんで今まで振り向いていたんだろう。
なんで後ろを振り返っていたんだろう。(2回言う)

スポンサーリンク

部屋の模様替えは思い立ったら即実行

その時は、それがベストだと思っていても、時間の経過とともに体や心も変化するのは当たり前ですよね。

なんとなくモヤモヤしたり、なんだか使いにくいなぁと感じたら、それが知らず知らずのうちにプチストレスになって蓄積していきます。

だから思い立ったが吉日なんですよね。

プチ模様替えで、キッチンに立つのがまたまた楽しくなりました。

善は急げじゃないけれど、自分に残された時間があとどれくらいあるかわからないからこそ、少しでも快適に暮らせるほうがずっとイイ。

 

壁の木目込みパッチワークも夏バージョンに模様替えしました。

いつか大々的にリフォームして、食器棚も新しくするんだ!
そんな夢と希望を持っています。

 

↓2年前、食器棚の上段を処分しました。

大きな食器棚はもう必要ないので半分を捨てました
突然、頭の中に沸き起こった妄想は、食器棚を半分にするということ。 夫婦2人暮らしになって3年目突入。 もう大きな食器...

 

コメント