10年以上経ったアスパラガスの植え替えと今を生きる畑づくりと

スポンサーリンク

3月最初の日曜日。
暖かで穏やかな陽気に誘われて、畑作業がスタートしました。

今年は、美しく整った畑を作りたい。
そのためにも、庭のあちこちに点在する植物を可能な限り植え替えし、我が家の畑を「ファーム」呼ばわりしたい。

というわけで、まずはアスパラガスの移植をしました。

スポンサーリンク

アスパラガスの植え替え時期

我が家のアスパラガスは、10年以上も前からそこに生えているものです。
元々は、父が植えたものでしたが、これまで特に手をかけることもなく、それでも毎年ボチボチとアスパラガスは収穫できていました。

昨年5月 アスパラガス

 

この10年以上もののアスパラガスを、ついに移植することにしました。

アスパラガスは、3~4年経つと根が混んでくるので植え替えした方が良いとされます。
植え替えの適した時期は、株の休眠期である晩秋(11月頃)から早春(3月頃)までの間

つまり今やるしかないのです。

それにしても、3~4年どころか10年以上も放置していたアスパラガスですから、きっと根っこが恐ろしいくらい混み入っているにちがいありません。

いざ、覚悟を決めてアスパラガス掘り起こし作戦開始です。

スポンサーリンク

アスパラガスの掘り起こし

「アスパラガスは根がしっかり張っているので、株から離れたところから根ごと掘り起こしましょう」

ネットで調べると、たいていこう書いています。
で、まずは株から30cm離れたところにシャベルを差し込んでみました。

アスパラガスの株

 

ああああーーーっ。

アスパラガスの根は真横に広がっていて、株から30cm以上離しても全然ダメで、ざっくり根を断絶してしまいました。
根っこの先までしっかり掘り起こすならば、1Mくらい離して掘らないとダメじゃん!

というわけで、今度は1Mくらい離した場所からしゃべるを差し込んでみたけれど、これが時間がかかるったらありゃしない。

アスパラガスって株分けできるから、多少根っこが切れても大丈夫だよね?(独自論)
で、結局30cmほどのところからシャベルを入れて、その先は手掘りで丁寧に発掘作業を・・・。

・・・しようと思ったのですが、結局手掘りをしながら根をブチブチと引きちぎる結果に・・・。

私って、根気と丁寧な作業が求められる化石の発掘調査には絶対に向いていないと強く思いました。

 

それでも、最後に残った大きな株は、なるべく根っこを残そうと、手掘りでがんばりましたよ。
これがとてつもなく時間がかかり、結局アスパラガスの株を全部掘り起こすのに要した時間は2時間!!

掘りだしたアスパラガスの根っこは、恐ろしいほど密集していました。
こうなる前に、植え替えするべきだったのよね・・・。

スポンサーリンク

アスパラガスの移植

掘り起こしたアスパラガスは、畑の西側へ植えることにしました。

土を耕して柔らかくしてから、昨年使って残っていた肥料をひと撒き。
アスパラガスの根が放射状に広がるようにセットしたら、土を軽くかけて植え替え終了です。

果たして、これが根付くかどうかわかりませんが、私の座右の銘は「なるようになる」(今考えた)。
アスパラガスが生えてきたら万々歳、生えてこなかったら、しかたがない。

その時はまた次の手を考えたいと思います。

スポンサーリンク

今を生きる自分の畑づくり

3月初めに畑作業をするなんて、今までありませんでした。
それくらい今年は、暖かく穏やかな陽気なんです。

ビニール紐で区切って、畑にする場所を決めました。

このなんにもない土地を、今年は「ファーム」と呼べるようがんばります。

 

2016年夏

3年前、父が亡くなった年の夏、我が家の畑はこんな感じでした。
柿の木、梅の木、栗の木、松の木が鬱蒼と生い茂り、まるでジャングル。
雑草もボーボーで、近づきたくない場所が、庭であり畑でもありました。

 

2016年11月 梅の木

父がやっていたように庭木の管理ができなくて、自分なりにたくさんたくさん悩んだけれど、私は私のやり方でいいよね!と思えるようになるまで、3年かかりました。

 

2017年5月

畑の真ん中には、こんなドラム缶もあったんですよ。
昔、父が剪定した枝を燃やしていたドラム缶です。

環境問題で、枝葉を燃やすことができなくなってからも、ずーっと庭の真ん中に鎮座していたドラム缶。
それをようやく撤去したのは、父が亡くなってから1年経った時でした。

 

2017年6月 

庭の隅には大量の鉢が置かれていて、これを撤去したときには、あまりの恐ろしさに卒倒しそうになりました。

実家の片づけは家の中だけではない 長年放置していた庭の大量の鉢が怖ろしい事態に
昨年、父が亡くなったことで、少しずつ遺品整理を進めてきましたが、それも途中で断念しました。 父のものを片付けることに、母が反対したからです。 その代わり、家の中は無理でも外の庭の整理を始めました。 伸びた枝を切って、生えてくる草を...

 

2017年 松の木

松の木も、自分で剪定しようと努力してみたけれど、私にはダメでした。
だって、あんな恐ろしいものを見てしまったからには、絶対無理でしたもの。

松毛虫物語 見て見ぬふりはできなかったのよ
見てしまったんです。 見なけりゃいいものを、ひとつ見つけてしまうと、目で探してしまうんです。 そして見つけると、ぎゃーっ!っとなる。だから見なけりゃいいものを・・・。 庭にある松の木の枝に同化するように、奴らは身をひそめておりまし...

 

自分で手をかけてやってみたからこその学びもたくさんありました。
この3年間でやってきたことは、すべてが気づきと学びと進歩になったと思います。
亡くなった父が作り上げた庭を、今度は私が快適に過ごせるための大好きな空間に変えていきます。

だって、今を生きているのは私なんだもの。

コメント

  1. ちかちか より:

    そらはなさん、ご無沙汰してます。
    畑がどんどんきれいに変身、耕せる畑が家の前にあっていいですね。
    うちは義父が作った日本庭園風なので畑にはどうしてもできず、落ち葉ほったらかしてたらノラ猫にトイレにされてました泣。
    でも夫と木を減らしたり手入れをしていくうちに愛着がわいてきています。
    前は潰して駐車場にしたらと考えていたけど台数が少ないし、工事しただけの収支のバランスが取れそうになく、お金をかけずになんとか維持していきたいと思います。庭は金食い虫で固定資産税かかってるのだけど、更地にしたら6倍だそうです。
    アスパラガスは強いのですね。立派な根っこがあるからまた生えてきてくれますね。収穫が今から楽しみですね!

    • そらはな より:

      ちかちかさんへ♪
      こんにちは(#^^#)
      子どもの頃、近所に日本庭園風のお庭があって、石庭と松の木、そして池には鯉が泳いでいました。
      子ども心に、お金持ちの象徴だと思いました。
      庭は、自分で手をかけた分だけ愛着がわくというのは、私も実感しています。
      近所の日本庭園風のお庭も、その時はそのご主人が手をかけ作りこんだ庭だったのだと思いますが
      今は空き家となり、そのお庭もジャングルのようになっています。
      何が正解かなんてわかりませんけど、今を生きる人たちが心地よければ、それが正解かな・・・なんて思っています。
      アスパラガス・・・生えてくるかなぁ・・・(;・∀・)

  2. Kumakuma より:

    こんにちは、ブログの内容とは違いますが、質問があります。会社の人トヨタのカード作って、年会費とか来そうだ。失敗なんて話しているのを聞いて、前に、ブログでタイヤ交換とかお得って、見たような気がしますが、その時のブログの内容会社の人に教えてあげたいのですがどのときのブログでしたっけ?教えてほしいです。

    • そらはな より:

      Kumakumaさんへ♪
      以前書いたブログの内容のことを覚えてくださっていて、ありがとうございます。
      私が行くトヨタのお店では、トヨタカードを持っていると、タイヤ交換が何度でも無料となるので、年会費1,300円ほどを払ってもお得なんです。
      ところが、お店の方に聞いたら、このサービスはお店独自のものだそう。
      なので、トヨタ全店でやっているサービスではなかったのです。
      紛らわしいことを書いてしまい申し訳なかったです。
      トヨタカードは、初年度は年会費無料だし、作ってから解約しても大丈夫だし、もしかしたらKumakumaさんのお近くのトヨタのお店で、
      別のサービスをやっているかもしれないので、ぜひご確認を。

  3. でぶねこ より:

    3月になり、随分と暖かくなりましたね^^
    秋田でも、暖かいなんてびっくりですが、畑仕事をするにはよい季節です!
    それにしてもアスパラの根の立派なこと!!! こんなになるんですねえ~~
    ニョキニョキでてくる様子が楽しみですね~~~♪
    「私は私のやり方でいいよね」、きっと天国のお父様も喜んでみておられると思います。
    そらはなさんが楽しそうにされていることが、一番だと思うので。
    外の空気を吸い、太陽の日差しを浴び、体を動かし、そしておいしいものを食べられる、そんな一石何鳥にもなる素敵な庭仕事、これからも楽しみにブログを読ませていただきますね。

    • そらはな より:

      でぶねこさんへ♪
      目標は、「畑」ではなく「ファーム」です(^^ゞ
      「庭」ではなく「ガーデン」です。
      同じことですが、雰囲気に酔いたいので(笑)
      作り出す喜びとか、育てる喜びって、一生ものだと思うんですよね。
      ずっと続けていくためにも、まずは体力ですかねぇ。

タイトルとURLをコピーしました