スポンサーリンク

きゅうり大量消費に麻薬きゅうりを作ってみた これは本当に麻薬だ

きゅうりの大量消費に、なにかおいしそうなレシピはないかと探していたところ、SNSで話題になっている「麻薬たまご」というのを知りました。

このタレにきゅうりを漬ける「麻薬きゅうり」を作ってみました。

スポンサーリンク

家庭菜園のきゅうりが豊作

今年はきゅうり栽培がいつになくうまくいきました。

2苗植えたきゅうりの収穫本数は、200本近くに達しました。
例年だと、8月早々に葉っぱが病気になり、尻すぼみ的に収穫数も減っていくのですが、今年は成績良好です。

そんなわけで、どんどん冷蔵庫にたまっていくきゅうり。
大量消費のために、いろいろ作ってはせっせと食べているのですが、なかなか消費が追いつきません。

家庭菜園のきゅうりの大量消費レシピ
家庭菜園の夏野菜たちが収穫シーズンを迎えました。 中でも、きゅうりは毎日収穫でき、どんどん冷蔵庫内を占拠していきま...

そんなある日、話題の麻薬たまごレシピを発見。
タレの材料を見ただけで、これ、絶対おいしいやつじゃん!というのがわかります。

このタレにきゅうりを漬けてみることにしました。

スポンサーリンク

麻薬きゅうりを作る

麻薬きゅうりのタレの材料です。

▪玉ねぎ 1/4個
▪長ネギ 1/2本
▪醬油100ml
▪水 50ml
▪砂糖 大さじ4杯
▪ごま油 大さじ1杯
▪にんにく1かけ
▪塩 少々
▪鷹の爪少々(お好みで)

作り方。

玉ねぎを粗みじん切りにして容器に入れます。

長ネギもみじん切り。
切ったら容器に入れるだけ。

 

あとは、醤油100ml、水50ml、砂糖大さじ4杯、ごま油大さじ1杯、にんにく1かけみじん切り、塩少々、鷹の爪少々。
これらを全部容器に入れて混ぜ合わせます。

すでにこのタレの味見だけでも、超おいしい!

その超おいしいタレに、切ったきゅうりを入れます。

冷蔵庫で半日くらい置いたら、食べごろです。

なにがいいかって、玉ねぎと長ネギがのみじん切り。
この存在感がすばらしい。

麻薬と名付けるだけあって、本当に箸がとまらないおいしさです。

 

丸一日経つと、きゅうりにも味がよくしみて美味しくなりましたが、タレ自体はキュウリから出た水分で、幾分薄くなっていました。

タレとして食べるのなら、作ってすぐのほうが断然おいしいです。

 

あんなに飽きてきたきゅうりでしたが、この麻薬きゅうりはあまりにもおいしくて、あっというまに食べてしまいました。
そして、このままタレを捨てるにはあまりにももったいなかったので、茹で卵を作って、タレに漬けました。

結局、麻薬たまごを作っているという・・・。

しかし、このタレは焼肉のタレとしてもおいしそうだし、冷ややっこにかけてもで絶対旨いやつだし、ご飯にかけたら、麻薬ご飯になりそうです。

はぁ~っ、麻薬、恐ろしや。

コメント