30年近く肩こりに悩まされてきた私が家庭用治療器ライズトロンで肩こりが治った話

スポンサーリンク

肩や肩甲骨周囲に、常に重い石ころでも入っているようなツライ肩こり。
ひどい時は、首が張って頭痛も起きるくらいの、慢性的な肩こりの方ならわかっていただけるでしょうか。

肩こりに良いとされるグッズは、藁にもすがる思いで、あれこれ買ったり試したりしますよね。
高校生の頃から肩こりに悩まされてきた私はそうでした。
そんな私も、今は肩こりから解放されました。
家庭用治療器ライズトロンのおかげです。

スポンサーリンク

肩こり解消のためにやってきたこと

高校生の頃から肩こりを自覚していました。
肩こりがひどくなると、首が回せなくなる、頭痛がひどくなる、だまって立っているだけでも肩や背中がズキズキ痛むという症状が出てくるので、若いころから頭痛・鎮痛薬は欠かせませんでした。

さらに肩こり解消に良いとされるグッズはいろいろ買いました。
湿布磁気テープ肩を温めるパット首をささえる枕磁気枕
いずれも気休め程度で効果は感じられませんでしたが、何もやらないよりはやったほうがマシという自己暗示のもとに使っていました。

30代になると、鍼治療にも通いました。
鍼を刺すこと自体も特に気持ちよさは感じなかったし、結局肩こりも解消されず、1年ほど通ったところでやめてしまいました。

その後、整体師のところにも通いましたし、タイ古式マッサージなんていうのもやりました。
マッサージしてもらっている最中はとても気持ちがいいのですが、根本的に肩こりが治ったわけではないので、翌日には再び肩こりがひどくなる。

1か月に1~2回のマッサージではダメなんだと思い、とうとう自宅にマッサージチェアを購入。
毎日マッサージチェアのお世話になれば、きっと私は肩こりとは無縁になれるのね・・・という夢も見ましたが、やっぱりダメでした。
肩や背中を機械でどんなにマッサージしても、表面的なものでは解消できなかったのですね。

麻酔科にも行きました。
鎖骨のあたりに注射して、麻酔薬を造影下で注入するということもやりました。
整形外科にも行きました。
週に2度の注射と、電気治療に通っていました。
通院にかかる時間や手間がめんどうになったのと、さほど効果が感じられなかったので、通うのをやめてしまいました。

最終的には、夜寝る前にベッドの中で低周波治療器のパットを当てて振動でマッサージをするというのが一番気持ちよく、そのまま眠ってしまうという状況が一番お気に入りでした。
しかし、肩や背中の奥深い筋肉のこりは解消できたわけではないので、結局翌日も肩こりがつらい。

この30年で肩こり解消のためにかかった費用は、薬や病院、鍼や整体、マッサージチェアや低周波治療器、その他さまざまなグッズも含め、おそらく50万円以上はかかったのではないでしょうか。
どんなにあれこれやっても、根本的な解決にはならないのだから肩こりは続く。
当時は、肩こり解消グッズジプシーでした。

家庭用治療器ライズトロン発売

それは本当にたまたま偶然目にしたテレビ。
肩こり外来がある東京の病院の医師が開発したという超短波治療器ライズトロン。
「ほとんどの肩こりが改善します」と言い切る医師に、その時は本気で東京へ行って治療してもらおうと思いました。

肩こり治療は完全予約制だというので、その病院へ電話をかけて聞いてみたところ、予約は半年以上先までうまっているとのこと。
そんな・・・。半年先まで待てないよ・・・。
その時は、心底ショックでしたね。
しかし間もなく、そのライズトロンが家庭用治療器として発売になったのです。

ライズトロンex。
お値段13万円。
家庭用肩こり治療器に13万円も出すなんて!!
しかし、30年近く肩こりに悩んできた私にとっては、購入を決意するまでそんなに時間はかかりませんでした。

ライズトロンexを使用した感想

ライズトロンは、マッサージチェアや低周波治療器のように、振動で表面の筋肉をもみほぐすというものではありません。

ライズトロンは超短波
超短波とは、電子レンジと同じような原理で、奥の深い筋肉の部分に到達し、その部分を温めることにより血流を改善します。

ライズトロンのプローベを、凝っている部分にあてるとじんわりとした温かさが伝わってきます。
数秒あてたら、場所をずらしてまた数秒。
これを繰り返し、肩や首などひとつの部位に10分間使用できます。

ライズトロンを使ったその日、石ころが詰まっていた私の肩は、まるでお餅を触っているようなふわふわになりました。
大げさではなく、本当に。
信じられなくて、何度も何度も肩に触りました。
やわらかいっ!
そして肩甲骨周囲の張りと痛みも、なくなりました。
本当に驚きでした。

これが、初めてライズトロンを使った時の私の感想です。

ライズトロンを使用して4年になります

当時、毎晩のように夫に背中を踏んでもらっていた私。
もはや手でマッサージしてもらうだけでは物足りなく、足で背中を踏んづけてもらっていました。
肩こりがひどくて、肩甲骨が痛くて、背中全体に岩盤が入っているかのようでしたから、夫の体重がのっかっても、全然平気でしたし、むしろ気持ちよかったし。

ライズトロンを購入して以降、夫には一度も肩を揉んでもらったことはありません。
肩こりは治るんだ!と、初めて思いました。

私にとっては、ライズトロンは肩こりの救世主です。
しかし、あれから4年経った今でも、ライズトロンは使っています。

肩こりが治ったのなら、もう必要ないのでは?と思いますよね?
ライズトロンを数日間使わないと、やっぱり肩が凝ってくるんですよ。
肩甲骨周囲が痛くなってくるんですよ。

なで肩のせいなのか、骨格のせいなのか、はたまた運動不足と言われたら否定はできませんが、私は肩こり体質なのだと思います。
筋肉の奥深いところが凝ってくると、血流が悪くなり、肩や肩甲骨周囲が痛くなってきます。

そんな夜は、ベッドに入ってライズトロンを使います。
すると翌朝は、肩こりだってことはまったく忘れています。快適な朝です。

今、使っているライズトロンが壊れたら、私はまたライズトロンを買うと思います。
ヘタな肩こり解消グッズを買うよりも、高いお金を払ってマッサージに行くよりも、家庭でできる肩こり治療のほうが、ずっといいからです。

久々にライズトロンを調べてみたら、ライズトロンNXという最上位機種が発売になっていて、私が持っているライズトロンEXは、10万円以下で買えるようになっていました。

ライズトロン積立しなくっちゃね・・・。

 

コメント

  1. でぶねこ より:

    肩こり、辛いですね^^;
    治療院に通う時間や交通費などを考えると、毎日好きな時間にできるなら13万円も安い買い物と思えますね。
    40代後半、姪の結婚式に着るワンピースを試着し、ファスナーを下すときに五十肩になり、治るのに1年かかりました。その後、反対側も軽い五十肩に。。。
    低周波治療器も使いましたが、痛みというのは脳が信号を出し続けてしまうと、ずっと痛いようですね。あまり関係ないのですが、現在義母は帯状疱疹で痛みが1月ほど続いていて、夜に痛みや薬などの影響で、昼夜逆転し、夜間妄想、ものとられ妄想がでて、夜中に起こされています^^;
    お仕事などで事務職だったときは、肩こりと腰痛、目も疲れていました。週末や仕事が終わったあとに行くテニスや温泉で動いたりリフレッシュをすると、スッキリしていましたが、あれは若かったからかな~(笑

    • そらはな より:

      でぶねこさんへ♪
      ああー!わかります、わかります!
      私も50肩になって、お葬式に着るフォーマルワンピースを、前ファスナーのものにしました。
      ブラも、カップつきキャミソールに変えました。
      今は50肩も治ったのですが、後ろに手をまわすようなものは、もう嫌ですね~((+_+))
      お義母さま、帯状疱疹ですか。
      あの痛みは、ハンパないくらい痛いそうですし、特にお年寄りがなると長引くし、大変ですよね。
      でぶねこさんも、お身体お大事にしてくださいね。

  2. でぶねこ より:

    昨日、テレビではちみつに漬けたアーモンドを1日10粒食べると肩こりが軽減されると言っていました。
    私は13万円出すことはできないので、はちみつアーモンド、やってみようと思います! 効果があったら、お伝えしますね^^
    アーモンドに含まれるビタミンEが血流をよくしてくれるんですって! 
    油と一緒にとると吸収率アップということです。
    あとはクロール・背泳ぎ3回、平泳ぎ・バタフライ6回、肩甲骨を動かすようにするといいみたい。
    喪服、義母には以前前あきファスナーを買ってあげたのですが、そろそろ自分も必要かも^^;

    • そらはな より:

      でぶねこさんへ♪
      はちみつ漬けのアーモンドですか!新情報ありがとうございます。
      気になったことは、なんでもやってみる価値ありですよね。
      アーモンドって、アーモンドチョコでしか食べることがないのですが、血流をよくしてくれる効果があったとは。
      運動も、歳をとるほどに、意識してやらないと、なかなか体を動かすことがないですよね。
      なにごとも、やってみなければっっっ!