冷蔵庫内は5割収納を目標にすればだいたいはキレイを保てる

スポンサーリンク

冷蔵庫は毎日必ず開けますよね?
そして、その冷蔵庫の中がゴチャゴチャしていると、ますます適当に食材を突っ込んでしまうので、開けるたびにイライラしてしまうという悪循環。

だから冷蔵庫内は、5割収納を目指したい。
食材の管理がしやすいうえ、掃除がしやすく、いつでもササっときれいにできるんです。

スポンサーリンク

半年に1度はドアポケットのモノを全部出し

掃除と片付けの基本は、まずは中のものを全部出すという作業から。

そろそろゴチャついてきたドアポケットのものを全部出して、棚をきれいに水洗いしました。
半年に1度は、ドアポケットの掃除をして、この時に賞味期限をチェックしたり、長い間使っていないものを把握し、それらを使う料理を考えます。

以前は、何年も使っていない調味料やミイラ化した何かが出てきて、驚いたものでしたが、今は定期的にチェックするようになったので、そういう無駄はなくなりました。

スポンサーリンク

冷蔵庫内は5割収納を目指したい

冷蔵庫内は、なるべく5割収納を目指しています。

1段目:半分は夫のもの置き場(たいていビール)
2段目:粉もの、調味料類
3段目:なるべく空けておきたい場所
4段目:作り置きした食べ物
チルド室:肉・魚など早めに食べるもの

実際は7割くらい埋まっていますが、4段目と5段目は回転が早いので、問題ありません。
夕食作りで残ったものは、翌日には私のお弁当のおかずになりますから。

そして、冷蔵庫内に空間が多いと、汚れが気になったらすぐにサッと拭けるので、キレイが保たれやすいのです。

時には、残ったおかずをタッパーに移し替えるのがめんどうで、鍋ごと冷蔵庫に入れてしまうこともありますが、それも5割収納の冷蔵庫だからできるんです。

スポンサーリンク

冷蔵庫内はシンプルがいい

若い頃は、冷蔵庫神話みたいなものを自分で勝手に思っていました。
とりあえずなんでも冷蔵庫に入れて置けば安心だと思っていたんです。

結果、冷蔵庫の奥からよくミイラ化した何かの物体が発見されることもよくありました。

子どもたちが全員家を出て、今は夫と2人暮らしになったからこそ、冷蔵庫の中もずいぶんシンプルになりました。
そして、冷蔵庫には食べきれるものが必要最小限あればいいと思うようになりました。

片付いている冷蔵庫を開けると、とっても気分がいい。
そして、料理もはかどる。
さらに、汚れたらそのつどさっと拭くだけ。

冷蔵庫内をきれいに保つには、モノはあまり入れないこと。
これが私にとってのベストな方法です。

ただし、冷凍庫内は畑で収穫した夏野菜の冷凍保存でパンパンなのよね・・・。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました