夏野菜の冷凍で作る冬の簡単ミネストローネと今年の家庭菜園の目標

スポンサーリンク

夏に家庭菜園で採れた野菜を冷凍保存しています。
これらを使って、簡単ミネストローネを作りました。
野菜の水分だけで煮込むので、栄養のギュッと詰まったスープは、お正月の食べ過ぎた胃にはやさしいお味。
夏野菜を冬に味わうなんて、ものすごく贅沢なことなんだと思います。

スポンサーリンク

冷凍野菜でミネストローネ

ミネストローネだなんてかっこつけて言っていますが、要するにトマトを使った野菜スープです。
夏には、採っても採ってもわんさか採れる家庭菜園のトマトに、若干飽き飽きしたりしますが、冬になるとトマトの値段も高騰しますよね。

そんな時、急にトマトのありがたみが沸いてきて、冬は冷凍保存していたトマトが重宝します。

トマトは、ヘタを取って皮つきのまま丸ごと冷凍保存しています。
昨年畑で作ったトマトは、ミディトマトと呼ばれる直径5cm大のもの。
大玉よりも保存しやすいサイズだし、ミニトマトよりは皮をむいたりするのもラクチンなので、今年もミディトマトを植える予定です。

 

もうひとつ冷凍保存しているのが、ズッキーニ。
輪切りにして冷凍保存していますが、こちらもお店では冬には見ることがないので、重宝します。
保存しずぎて、霜がついていますが、スープとして煮込む分にはなんら問題ありません。

 

畑でとれたジャガイモも、北側の納戸に保管中。
人参と玉ねぎとベーコンはスーパーで買ったもの。
これらの野菜を1cm大にカットして、オリーブオイルとみじん切りしたにんにくで炒めます。

 

そこに凍ったままのトマトをドーンと投入。

 

トマトに熱が通ってくると、皮は自然にペロッとむけるので、箸で取り除いていきますよ。

 

トマトの皮が全部むけたところで、これまた庭の月桂樹の葉っぱを乾燥させて作ったローリエを加え、コンソメスープの素、塩コショウ、マジックソルトなどを入れて煮込んでいきます。
今回は、トマトの量が少なかったので、水を1/2カップ入れました。

弱火で煮込むこと20分。
塩コショウで味を調えたら完成です。

 

トマト、ズッキーニ、じゃがいも、人参、玉ねぎ、ベーコンのミネストローネ。
冬でも野菜たっぷりのスープがいただけて、うれしい。

そして野望が沸いてきました。
これらを、すべて自家製野菜で作りたい!

今年の家庭菜園で挑戦したいものができました。
人参と玉ねぎを作りたい!
素人には難しいのかなぁ。
でも、何事もやってみなければわかりませんよね。

さすがに、豚を飼ってベーコンを作ることはできませんが、野菜を自給自足できる生活は憧れます。
今年も、やりたいことを着々と計画中です。

 

コメント

  1. Kumakuma より:

    こんにちは。
    残念!!(笑)なんて~
    玉ねぎの植える時期は、10月頃なので、玉ねぎは、来年の、7月頃初収穫となりますね。こんなこと書いて、私は、植えて有るのを近くでは見たこと有るけども、植えたこと無いんですけども(笑)いろんな面で、挑戦してるそらはなさん、すんごいなぁ、って、思います。旦那さん、手作り料理をいろいろ頂けて幸せ者ですね。
    うちは、惣菜女と呼ばれています(笑)

    • そらはな より:

      kumakumaさんへ♪
      えええーっ!そうなんですかー。
      玉ねぎを植えるのは秋で、収穫は翌年になるんですかー( ..)φメモメモ
      まだまだ世の中に知らないことがいっぱいだ!
      惣菜女((´∀`*))、いいじゃないですかー。
      今どきのお惣菜はおいしいですもんね。
      私もたまに無性にお惣菜が食べたくなって、買うことがありますよ(#^^#)

タイトルとURLをコピーしました