スポンサーリンク

鶏ガラスープを圧力鍋で作ってみたら時短・濃厚・おいしいスープが完成

毎年、年末にはきりたんぽ鍋を作ります。
鶏ガラでとったダシは、きりたんぽ鍋、年越しそば、お雑煮と使いまわすので、とっても便利。

鶏ガラスープは、1~2時間はコトコト鍋で煮出すものだと思っていましたが、今年は圧力鍋で作ってみたら、簡単、時短、美味しいダシが完成しました。

スポンサーリンク

圧力鍋で鶏ガラスープを作る

鶏ガラスープを鍋でコトコト煮出すというのは、実家の母がそうやっていたから。
なんの疑問もなく、私もそうやって作っていましたが、今年は圧力鍋で作ったらいいんじゃない?と、ひらめきました。

なんといっても圧力鍋の最大のメリットは、調理時間が大幅に短縮できるということ。
その上、短時間でも硬いお肉や野菜が柔らかくなるということ。
魚なんて、骨まで食べられるようになりますもんね。

長時間煮込む必要もないので、光熱費も押さえられるというメリットがあります。

なのに、これまでなぜに鶏ガラスープを圧力鍋で作らなかったのか、悔やまれます。

というわけで、さっそく調理開始です。
なお、作り方はあくまでも自己流です。

 

まずは流水で鶏ガラをきれいに洗います。
血合いもきれいに取り除くことで、生臭さがなくなります。

 

圧力鍋に入れるのは、鶏ガラと長ネギの青い部分、そして生姜のスライス。
鶏ガラがヒタヒタになるくらい水を入れます。

 

強火で点火。
シュッシュと加圧がスタートしたら中火にして5分。
その後火をとめ、圧力ピンが下がるまで放置。

 

加圧が解除されたら、鶏がらスープの完成です。
圧力鍋って、アクが出ないんですよね。

 

鶏ガラやネギや生姜を取り除きました。
味見をしてみると、これまで鍋でコトコト煮出していた時よりもスープが濃厚ではありませんか!

ダシをとった鶏ガラのお肉はとっても柔らかく、骨はホロホロに崩れましたので、骨の髄から良いダシが出たんでしょうね。

 

このダシに入れるのはスライスした親鶏です。
若鶏じゃダメなんです。
親鶏からさらに良いダシが出るんですよ。

本当は、若鶏のモモ肉も入れるのですが、煮た肉があまり好きではない私。
今年は夫と2人なので、若鶏省略です。(←夫よすまぬ)

さらに、ささがきにしたゴボウも入れて、ひと煮立ち。
アクが出るので、きれいに取り除きます。

 

そこへ、キノコ類(舞茸、シイタケなど)、シラタキ、油揚げを入れます。

 

再び沸騰したら、味付けします。

 

ここで強力助っ人です。
比内地鶏スープを投入します。
比内地鶏スープを入れると、さらに味に深みが増すというか、コクが出るんですよね。

最後に、醤油、酒、砂糖、塩で味を調節。
自分好みになったら醬油ベースの比内地鶏スープの完成です。

スポンサーリンク

鶏ガラスープを使いまわす

このスープで、まずはきりたんぽ鍋をつくります。

別鍋に、食べる分だけのスープを入れ、そこへきりたんぽと長ネギを入れてひと煮立ちさせたら、セリを入れます。

セリは軽く火を通すだけ。

 

お椀に盛ったら完成。
きりたんぽは、1本を3~4つに切り分けますが、見栄えのよい斜め切りにすると、煮崩れやすいので、私はまっすぐにカットすることが多いです。

さらに、この鶏がらスープは年越しそばでも活用します。
そして、新年を迎えたら軽く焼いたお餅を入れてお雑煮を作ります。

ひとつのダシで3度おいしいというわけです。

だがしかし。
今年はお雑煮省略。
子どもたちも帰省しないので、お餅を持て余しそうで、買いませんでした。

さてさて。
年末は、夫がまさかの新型コロナウィルス感染で、家庭内別居を続けてきましたが、新年には療養解除となります。

2人で一緒に食べる食事は、新春蕎麦になりそうです。

そんなこんなで、今年もブログに遊びにきてくださった皆様、ありがとうございました。
来年こそ、コロナに翻弄されない年となることを願い、皆さまもよいお年をお迎えください。

 

コメント

  1. さくらゆ より:

    明るく楽しく、そして役に立つブログの発信、ありがとうございます。ストレスのたまるコロナ禍でも、そらはなさんの軽快な?文章には、いつも元気をいただきました。来年も引き続きよろしくお願いします♪
    関東在住のわが家の息子も、今月中旬にとうとうコロナ感染しました。一昨日、無事に帰省したので、年末年始はしっかり栄養補給させておこうと、久々に料理を頑張ってます。(夫婦2人の日常は、倍速炊飯の30分以内に洗い物まで終わるメニューしか作りません^^;)きりたんぽ鍋、美味しそうだなぁ。
    来年は、ご家族でまた鍋を囲めますように。私も堂々と息子のところに遊びに行ける日が来ますように。
    願いをこめて、よいお年を。

    • そらはな より:

      さくらゆさんへ♪
      こちらこそ、いつもいろいろなアドバイスをいただきありがとうございます。
      息子さんも、コロナから回復されてよかったですね。
      本当に、来年こそ、以前のように好きな時に好きなところへ出かけられる世のなかになってほしいものですね。

  2. はるまま より:

    そらはなさんこんばんは!今年もためになるブログをありがとうございました。
    インスタで金目鯛の煮付けを見て、なぜ、なぜ?まだお正月じゃないのに??
    と思ってこちらにきてみたらなんとまぁ
    でも、ダンナ様も軽症ですみ、新年からは一緒に過ごせるとの事で良かったですね

    私もそらはなさんと同じ年齢です。いよいよ還暦に近づいてきましたが、プラス思考で、好奇心をもって楽しく日々を過ごしたいなと思っています☺️
    そのためには、健康第一ですね!
    来年も、忘れた頃にコメントすると思いますが、よろしくお願いします♡

    • そらはな より:

      はるままさんへ♪
      ははははは(^-^;
      金目鯛、まさかの年内完食です。
      来年も、ふるさと納税は金目鯛にして、来年こそ家族みんなで食べられたらいいなぁと思っています(金目鯛執着しすぎ)
      来年も、楽しく過ごせますように(^^♪