しその実の収穫時期と簡単な取り方 にんにく醤油漬けは万能レシピ

スポンサーリンク

畑に植えた青じそが、今年は本当に大活躍してくれました。
料理の彩りや薬味として、またふりかけやナムルでご飯がすすむったらありゃしない。

そんな青じそも、秋の気配とともに花をつけ始めました。
そろそろ青じそも終わりです。

でも!まだまだ楽しめるんですよ。
それはしその実。
プチプチとした食感がおいしいしその実を使ってにんにく醤油漬けを作りました。

スポンサーリンク

しその実の収穫時期

9月末頃から、しその花が咲くようになりました。

この花が終わったあとにできるのがしその実です。

しその実の収穫時期は9月~10月。
目安としては、花が穂先に2~3個残っている時が収穫のタイミングです。

 

というわけで、しその花がまだ残っている穂先を摘みとりました。
花もまだちらほらついていますが、タイミングを逃すと実が固くなってしまいますからね。

ところがこの後、しその穂先から手でしごいて実を取る作業をキッチンで行ったのですが、これが意外と手間取って、こんなに大変ならばしその実の収穫もわざわざやらなくてもいいかも・・・とさえ思ってしまったのです。
その理由は以下の通り。

●実をしごいて取る時、茎がちぎれてしまって予想以上に時間がかかった。
●しそのアクで指先が職人の手のように黒くなってしまった。
●時間がかかった割にはしその実はさほど取れなかった。

しその実を簡単かつベストなタイミングで収穫する方法

実は、私が収穫したしその穂先は、まだ実をとるのが早いものだったんですよね。

では、しその実を簡単に、かつベストなタイミングで収穫するにはどうしたらよいのでしょう。

それは、畑に生えているしその穂先からしその実を直接取ることです。

しその穂先だけをもぎとってキッチンで作業するのと、畑で穂先からしその実を収穫するのと、どうちがうのかって?

しその実がまだ若いうちは、穂先から手でしごくと、穂先がちぎれてしまうんです。
逆に、年をとって固くなってしまったしその実は、穂先から簡単にははずれない。

そうなんですよ!
収穫できる最高な状態の実を、しそが教えてくれるんですよ。

 

しかも、畑での作業は作業用の手袋をはめているので、しその実の収穫で手が黒ずむこともありません。

穂先に指をそえて、下から上へ指をすーっとすべらせるだけで、いとも簡単にしその実がポロポロとおもしろいように採れるんです。

穂先の下にザルをおいて、どんどん穂先をしごいていく作業は、とても簡単かつスピーディ。

 

小1時間で、あっというまにザルがしその実でいっぱいになりました。

しその実の下処理

収穫したしその実は、水できれいに洗ってから、塩を少々ふってざっくりともみこみます。

そのあと、熱湯にさっとくぐらせます。(10秒くらい)

 

ザルにあげて水気をぎゅっとしぼりますよ。

 

あとは、にんにく1かけをすりおろしたものにめんつゆをひたひたに注ぎ、完成。
一晩以上経てば、さらに味がしみておいしい、しその実のにんにく醤油漬けです。

熱々のご飯にのっけて食べても良し、お豆腐の上にのせても良し、焼いたお肉にトッピングしても良し、ドレッシングに混ぜても良し、とにかくなんにでも合うしその実にんにく醤油漬けです。

 

味付けはいろいろな方法がありますので、自分好みのものを作れるのも、自家製の良いところ。

しその実の良い香りとプチプチとした食感は、クセになります。

 

もともとはコンパニオンプランツとして植えた青じそだったけど、今年は青じそで本当に楽しませてもらいました。

青じそふりかけに、青じそドレッシング。
青じそから揚げに、青じそサラダ。
青じそナムルもご飯がすすんで困るほど。

苗から育てたものを、最後の最後まで存分に味わうことができるのも、自然の恵みと世の中の平和のおかげです。

 

来年も青じそを植えたいと思います。

今度はコンパニオンプランツとしてではなく、メインな野菜としてね。

 

コメント

  1. にゃんこ母さん より:

    こんにちは。
    我が家にもいつのまにか発生した青シソがたくさんあります。
    放置しておくと結構上部に育つので邪魔にしていましたが
    美味しそうなので私もにんにく醤油漬け作ってみます(^^)

    • そらはな より:

      にゃんこ母さんへ♪
      青シソって大きくなるんですねー。
      そしてしその実もおいしくいただけるんですねー。
      とりあえず畑で育てたものは、なんでも食べてみます(#^^#)

タイトルとURLをコピーしました