2年間畑の雑草対策をしてわかったこと 最も効果があったのは根切りだった

庭にどんどん生えてくる雑草には、本当に困ります。
コンクリートを流したり砂利を敷いたりするのもありですが、畑や花壇など土を活用したい場所では、雑草との闘いとなります。

私がこの2年間で、あの手この手でやってきた雑草対策で最も効果があったと思うのは、雑草の根切りでした。

スポンサーリンク

雑草対策

父が急逝し、庭や畑の管理をやらなければならなくなった私の一番の悩みは、無限に生えてくる雑草でした。
冬がくれば雑草は枯れてしまいますが、春から秋にかけての長い期間、庭を雑草だらけにしていると、虫は寄ってくるし見た目も悪いしで、イライラは最高潮に達します。

そんな私がこれまでやってきた雑草対策です。

草取り鎌で草を刈る

最初にやってみたのは、草取り鎌を買ってきて、草を刈ったことでした。
しかし、どんなに切れ味のよい鎌でも、しゃがんで草を刈る作業は、足腰痛いし能率もあまりよくありません。
しかも、草は上部だけ刈り取るのですから、当然すぐに生えてきます。

めちゃくちゃ必死に草刈りをしても、この程度の仕上がりでした。

三角ホーで草を取る

次に登場した道具は、三角ホー。


ホーとはhoe=鍬のことで、従来は平鍬という刃が四角いタイプのものでしたが、刃が三角になった三角ホーは、地面に突き刺して草を根こそぎ取り除いたり、草を削り取ったり地面を均したりとマルチな使い方ができます。

庭の草取りが大変な方へ 作業能率がぐーんと上がる三角ホーは画期的
庭の草取りをもっと楽に行える方法はないかしら? ・・・と、検索していたら「三角ホー」という言葉がヒットしました。 サクッと草が削れて、足腰の負担も楽になるという三角ホー。 初めて聞く言葉ですが、どの人も三角ホーはすばらしい!と絶賛中。...

三角ホーを使うことで、草取りにかかる時間もずいぶん短縮しましたし、かなりきれいに草を取ることができるようになりました。

トゥルッ、トゥルの地面に大満足。

除草剤を撒く

家の西側は、以前は木が生い茂っていて日当たりが悪かったこともあり、なにもせずに放置している場所でした。
当然草はどんどん生えるので、気が付けば立ち入ることができないほど草原状態。

そこで、背丈の高い雑草には、除草剤を撒いてみました。

ところが、除草剤を散布するためには、その後数日間は雨が降らない日を選ばなければなりませんし、雑草が枯れるまでは1週間以上はかかります。

 

そして雑草が枯れるのは、除草剤がかかった部分だけ。
刈れた雑草の下には、早くも新たな雑草が伸びてきているのです。
刈れた雑草を片付ける作業も必要で、時間と手間をかけた割には、雑草対策としてはイマイチでした。

 

結局その後、この場所にも防草シートと平板ブロックを敷き、ひとまずここの雑草対策は終了しました。

防草シートと砂利敷

畑や花壇にしないような場所は、最初からコンクリートを流したり、砂利を敷いてしまえばいいわけですが、我が家の場合大々的に庭を造り変えるということは、母が首を縦にふらなかったので、できませんでした。

なので、私ができることを地道にやるしかないと、我が家から実家へつながる南側の面にも平板ブロックと防草シートと砂利敷をすることにしました。

この場所は、歩道としても使っていたのですが、草が生い茂ると歩きにくいし、雨がふるとぬかるんでしまいます。
なので、手始めにこの場所に平板ブロックを敷きました。

 

地面をできる限り平らにしてから、地面の上に直接平板ブロックを敷きました。
多少凸凹していますが、人が歩く程度ですから気にしません。

 

さらに、平板ブロックの横には防草シートを敷いて、その上に砂利を敷き詰めました。

 

そして1年経った今年の春。雑草に悩まされることは無くなりました。
平板ブロックの左側には芝桜を植えました。
来年は芝桜が敷き詰められているといいなぁ。

雑草の根切り

畑や花壇など、平板ブロックや砂利を敷けないような場所の雑草対策で、私が最も効果があったと思ったのは、雑草の根切りです。

実はこの春、本格的に畑の畝を作ってみて、気づいちゃったんですよね。
畝を作る際に、30cmくらい土を掘ったのですが、この時ほとんどの雑草は根っこの部分から掘り起こされました。
雑草を取り除いて、それから土を元通りに戻して畝を作ったのですが、その後3週間経った今でも雑草が生えてこないのですよ。

 

雑草は引き抜いても、地面の中に根が残っていればすぐに再生するんです。
例え三角ホーで根っこから掘り起こしても、地面の中に根っこが切れて残っていると、すぐに雑草が生えてくるんです。恐るべし、雑草魂です。

つまり30cmくらい地面を掘ることにより、雑草の根切りができるということがわかったんです。

 

いつも雑草だらけになっていた家の前の土地ですが、今年はここを30cm掘り下げながら畝を作りました。

 

4月末には、ようやく家庭菜園っぽい感じの畑が出来上がりました。

 

そして、それから3週間近くが経ちますが、畑の部分には雑草がまだほとんど生えてきていません。
種が飛んで生えてきたと思われる小さな雑草は多少はありますが、それらは三角ホーでチャッと欠いてしまえばいいので、とっても簡単です。

雑草対策に最も有効な手段は、30cm土を掘って根切りをすること
これが一番雑草対策に効果があったことでした。
これに気付くことができたことは、今年一番の収穫だったかもしれません。

これから夏にかけて、まだまだ私の雑草対策は続きます。

 

コメント