こんなおいしいプーアル茶は飲んだことがない!中国茶カフェのランチが美味しいから行ってみて!

スポンサーリンク

昨年秋田市にオープンしたという中国茶カフェ「静舎せいしゃ」。
飲茶を中心としたランチは絶品でしたが、それ以上においしかったのがお茶。

え?お茶ですか?
はい。お茶です。

これまでのイメージをみごと覆してくれた中国茶がおいしすぎて、何杯も飲んでしまいました。

スポンサーリンク

China Tea Cafe 静舎のランチ

秋田市保戸野の住宅街にある中国茶カフェは、飲茶をメインにしたランチに中国茶がいただけるというスタイルのお店。

なんでも駐車場は1台分しかないようなので、これはお店のオープン前に車を横付けするしかない!と意気込んで出かけました。

さて、11時ちょうどにお店の前に着いたものの駐車場がどこにあるのかわからない。
お店に入ってご主人に伺うと、30M離れたお店の裏側にあるとのこと。

さらに、開店時間は11:30からとのこと。
以前は、10時からオープンしていたようですが、その後時間帯や定休日が変更になったようです。

それでも準備ができ次第15分前にはお店に案内していただきました。
谢谢シエシエ

店内は、カウンターに2席。
4人掛けのテーブルが2組。
なので10人で満員となるこじんまりしたお店。

なのに、とっても居心地がいいのです。

 

ランチメニューは全部で5種類。
1,100円~1,500円となっており、プラス300円で抹茶杏仁豆腐または五目ナッツ月餅が食べられます。

私が頼んだのは、Cランチの豚肉ワンタンと五目ちまきランチ。

 

まず最初に、陳年プーアル茶が運ばれてきました。
ティーポットに入ったお茶を、小さなガラスの盃に注いで飲むスタイル。

この陳年プーアル茶は10年もので、枝豆のような良い香りがするではないですか!
こんなお茶は初めてです。
これまでの中国茶の概念をすべてひっくり返すほどの衝撃的旨さ!

 

サラダは、レタスとシャキシャキとした黄色いカボチャと真っ赤なカブがスライスされたもの。
そこにかかる人参ドレッシングが美味。

 

おいしい、おいしいと何度も言いながらお茶を盃に注いで飲んでいると、目の前に大きな器に入ったワンタンスープと五目ちまきが登場。

 

この豚肉ワンタンが、ぷっくりコロンとした肉厚で、中のお肉がめちゃくちゃジューシー。
熱々で、じゅわっと口の中に広がる豚肉のダシが感動ものです。
今まで食べてきたワンタンってなんだったの?と思ってしまいました。

また塩味のスープは、やさしい味だけど、いろんなダシがきいていて体の芯から温まります。
喉を通ったあとに生姜のピリッとした辛さがきいてきて、あとから身体がカッカと火照ってきました。
・・・と言ったら上品だけど、額から汗がダックダクもんです。

 

五目ちまきも、エビや鶏肉の味が複雑にからみあって超おいしい!
実は私は、ちまきってあまり好んで食べないのですが、ここのお店のちまきはすごくおいしかったです。

 

友人が頼んだDランチの豚肉饅もセイロで蒸されて本格的。

 

もう一人の友人はBランチで、四川酸辣湯スープに豚肉ワンタンと海老ワンタンが入ったもの。

 

Bランチの茶葉かけ雑穀ご飯も、身体が喜びそう!

 

付け合わせのザーサイも、変なクセがなくてとてもおいしいの。

 

デザートはおかきとマシュマロでした。

机の上にはお湯がわかせるポットがおいてあるので、空になったティーポットに再度お湯を注いでお茶を飲むことができます。
2番煎じでもすごくおいしいプーアル茶でした。

 

そして、私たちがあまりにも「おいしー!おいしー!」と連呼しながら食べていたせいか?ご主人がサービスで烏龍茶を入れてくださったのですよ。

台湾の凍頂烏龍茶トウチョウウーロンチャというものでしたが、これまたやさしい味で今まで飲んだことのない烏龍茶の味。
飲みやすくておいしかったです。

 

店内には、いろいろな中国茶も販売されていましたが、どれもけっこうないいお値段。
私は自宅でここまでおいしい中国茶は自分で淹れられないだろうから、またここにきておいしい中国茶をいただきたいと思いました。


中国茶の概念が変わったおいしい中国茶カフェでした。

ランチは数量限定ですのでお早目に。
ワンタン一つ一つ全部手作りでしょうから、しかたがありませんね。

 

 

【China Tea Cafe 静舎】
住所:秋田県秋田市保戸野千代田町14-36-103
電話:018-802-0736
営業時間:11:30~16:00
定休日:月曜日・火曜日・水曜日
駐車場:1台あり(お店から30M)

コメント

  1. さくらゆ より:

    わぁ〜!雰囲気がいいですね(•ө•)♡

    西遊記(マチャアキの…あ、歳がバレる)にハマった子どもの頃から、中国の文化には惹かれることが多くて、10年前の台湾旅行では、烏龍茶の美味しさに衝撃を受けました。香りが一面に広がって、全身が癒やされる感じ。
    茶器も素敵ですよね!

    わが家から気軽に行ける距離にも、こんなカフェができたらいいなぁ。1人でゆったり過ごしてみたいなぁ…

    • そらはな より:

      さくらゆさんへ♪
      うふふふ(*^-^*)
      西遊記(香取慎吾さんじゃないほうね)おもしろかったですよね!夏目雅子さんも美しかったし。
      やっぱり本場で飲むお茶はおいしいのですね。
      私、烏龍茶の味と香りがあまり好みではないのですが、本当の烏龍茶ってこんなにおいしかったのか!と衝撃的でした。
      それと、子どもの頃地元のショッピングセンターで不定期に開催される中国物産展。
      あの匂いがとても苦手で(たぶんお香だったのかな?)、そのせいか中国の食文化も好みではありませんでした。
      でも、おいしい中国茶のおかげで見方が変わりました。
      いろんなものを経験するって大事ですね。

  2. このちな より:

    そらはなさん、こんにちは!

    お茶もお料理も美味しそう! 駐車場一台は勇気がいりますね。

    私は最近、なんでも一人でやってしまうので、友達を誘う事は殆どありません。
    理由は、今日行こうとか急に思い付いてしまうからです。

    約束は気が重いし、行きたくなくなる事もあるし、体調もあり、相手に気を使ってしまうので一人の方が楽ちんです。
    車のナビが頼りなので、車中のお喋りが耳障りな事もあります。

    お天気と、お花だったら開花状況、行事はその日の体調と気分で出掛けています。

    以前、友達と出掛けた時に後ろに二人、前に私一人が乗って運転しました。
    私はナビが無いと地理に疎いのですが、後ろの一人がいちいち、運転に口を挟んでくるのです。

    その時思いました。せめて前で座って指示を出してくださいと、指示が聞けないとは言っていませんが、後ろから言われてもよくわからないし、もっと早くに指示してくれないと危ないのです。
    他にも友達はいますが、働いている人が多くスケジュールを合わせるのが面倒、そこまでして誰かと行きたいうより、もはや一人が良いとなりました。

    もっと時間が過ぎて、友達に自由な時間が沢山出来たら、もう少し交流が増えるかもしれませんが、どうでしょうね、一人の快適さも悪くないと思っています。

    • そらはな より:

      このちなさんへ♪
      私も、基本的には一人が大好きです。
      どこかに出かけるのも、一人でも全然楽しめちゃいます。
      だけど、気心知れた友人と出かけて、楽しさを共有するのも好きです。
      もしも、仕事を辞めたら家の中にずっといて、晴れた日は畑で1日中過ごして、それが楽しくてしかたがない生活になるかもしれません。
      でも、時に社会の中に出てリフレッシュも必要かな・・・と思うので、たまに友達と約束をつくって出かけるというのも、やりたいと思っています。
      要するに、どんなときも自分が快適か否かで、決めればいいと思いますよ(*^-^*)

  3. ゆきこ より:

    友達が泉南に住んでいるので紹介します!
    中国茶大好きな子なので、喜びそう♪
    歩いて行けるしね。

    • そらはな より:

      ゆきこさんへ♪
      泉だと近いですね。
      歩いていける距離にあってうらやましいです!(^^)!

タイトルとURLをコピーしました