きゅうりの大量消費にはきゅうりのキューちゃんがペロリといただける

スポンサーリンク

昨年までは、家庭菜園で採れるきゅうりの大量消費に、きゅうりの辛子漬けを作っていました。
しかし、今年はさらに大量消費するために、きゅうりのキューちゃんを作りました。

これが本当に大量消費にはもってこいで、あっという間にペロリと完食。
やみつきになるほどのおいしさです。

スポンサーリンク

きゅうりのキューちゃんレシピ

言わずと知れたきゅうりのキューちゃん。
濃いめの醤油味がクセになるきゅうりのキューちゃんは、家でも作ることができます。

今回は、きゅうり5本を使って作りました。

1.きゅうりは1cmくらいの輪切りにし、塩小さじ1/2をふって、30分ほど置きます。

2.30分後、きゅうりの水気をぎゅっと絞ります。

3.鍋に、醤油150ml、砂糖100g、酢25mlを入れ沸騰させ、そこにきゅうりと千切りした生姜ひとかけ分を入れて、再沸騰させてから火をとめます。

 

4.鍋にきゅうりを入れたまま冷めるまで待ちます(約30分~1時間)

5.冷めたら鍋からきゅうりを取り出し、鍋の汁を再び沸騰させます。

6.そこに再度きゅうりを入れて再沸騰してから火を止めます。

 

7.冷めたら保存容器に汁ごと移して完成。

 

冷蔵庫で1週間ほど保存できます。

しかし、おいしすぎて夫と2人で2日で完食してしまいました。

塩を振って30分おく?
煮汁を再度沸騰させる?
きゅうりをいったん取り出してから、また入れる?

そんなめんどうなこと、できるかい!と思ったのですが、夕ご飯の準備をする合間、合間にやったら、いとも簡単にできました。
全然めんどくさくなかったです。

きゅうりの大量消費にはもってこいです。
おいしすぎて、ペロリといただけますが、塩分のとりすぎには注意ですね。

家庭菜園のきゅうり

今年は、3株のきゅうりを育てています。

順調にきゅうりがスクスク成長し、たくさん採れすぎたらどうしよう?なんていう妄想もしていましたが、1株がべと病にかかってしまいました。

きゅうりの葉っぱに黄色い斑点 これがべと病か
2019年7月3日㈬ 曇り時々晴れ最高気温 26℃ 最低気温17℃

葉っぱを大部分切ってしまったので、現在はきゅうりがほとんど採れません。
復活することを願っていますが、難しそうですねぇ・・・。

残りの2株で、これから盛り返してほしいなぁ。
だって、きゅうりのキューちゃんを、まだまだ作って食べたいもの。

きゅうり収穫記録 7月編
2019年7月12日㈮ 雨最高気温 27℃ 最低気温19℃

 

ところで、家庭菜園の収穫が増えるようになると、野菜をお店で買うことは少なくなったけれど、逆に以前よりも多く消費するものも増えました。
それは、調味料類。

醤油や砂糖など、野菜の料理や加工に意外と使うものなんですね。
そして自分で作るようになると、市販の加工品にもいかに塩や醤油や砂糖が多く使われているのかわかるようになります。

そして自分で作ると、多少分量を調節して、自分好みの味つけにすることもできます。

無農薬で野菜を育てる大変さも、ちょっぴりわかるようになりましたから、食の安全も意識するようになりました。

きゅうりが毎日2~3本採れる だから超絶おいしいきゅうりの辛子漬けを作る
春に植えた野菜たちが、ちらほら収穫の時期を迎えています。 中でも4つの苗を植えたきゅうりは、毎日2~3本収穫できるので、サラダの飾りとか酢の物とか、そんな生易しい食べ方じゃ消費できなくなってきました。 そこで、きゅうりの辛子漬け。 ...

 

コメント