庭木の剪定を依頼したら畑に黒土2トンを運ぶ計画となった

 

暖冬だった今年は、早くも2月末には家庭菜園の妄想をあれこれするようになりました。
テレビでは昨年観た「菜園ライフ」が再び放映されているし、私の菜園魂を大いに刺激してくれるじゃ、あ~りませんか!

しかし、そんなワクワク菜園ライフに影を落とす気がかりなこと。
それは、庭木が鬱陶しくなってきたこと。
それもそのはず。昨年は野菜を育てるのが楽しくて、庭木の剪定作業はまるでやらなかったのだから、枝も伸びるし葉っぱも茂る。

というわけで、庭木の剪定を造園業者さんへ頼むことにしました。

スポンサーリンク

造園業者さんとの相性ってあるよね

ジャングルのような我が家の庭の木を伐採したのは3年前のこと。
最初はシルバー人材センターへ依頼して、さらには私自身もチェーンソーを肩に担いで伐採作業をし、それでも対処できなかった部分を、造園業者さん(以下Tさん)へ依頼しました。

Tさんは、いわゆる昔の職人さんといった感じの方。
剪定や伐採について相談すると、「おうっ!わかった!いいようにやっておくから!」と、二つ返事で事を進める。
私の話も半分くらい聞いたところで、自分の思い描く枝葉がすでに頭に浮かぶのでしょうね。
だからグイグイと仕事を進める。

だけど、なんというか・・・。
私としては、もっとプロとしてのアドバイスや提案をしていただき、一緒に考えながらよりよい庭を作っていくというのが理想的。

Tさんには3回ほど仕事を依頼したけれど、なんとなーくどこかでひっかかる部分がありました。
何かトラブルがあったわけではないけれど、またお願いするとなるとちょっとためらうな・・・といったところでしょうか。

造園業は庭木を相手にするお仕事ですが、人同士の相性も大事だと思うんですよね。
というわけで、今年は他の造園業者さんに依頼することにしました。

スポンサーリンク

新たな造園業者さんとの出会い

新たにお願いした造園業者のOさんは、数年前に独立開業したという若い方。
だけど、私の話をとことん親身になって聞いてくれて、的確なアドバイスやいろいろな方面からの提案をしてくれました。

私は確信しました。
このOさんとは、長い長い付き合いになっていくだろうな、と。

いつか自宅はリフォームするし、その時は庭も全面的にローメンテナンスな庭に作り替えたいと思っています。
きっとOさんとなら、いろんなアイディアを出しながら思い描く庭が作っていけるんじゃないだろうか。
無造作に無秩序に広がる庭の土をみながら、そんなことを考えました。

スポンサーリンク

畑に黒土を入れることになった

「畑に土を入れたいけれど、(面積が広いので)ホームセンターから菜園用の土を買ってくるのが大変でためらっている」
そんな話をOさんに言うと、なんと!「よい黒土がある」というではありませんか。

Oさんが資材置き場用に山を切り崩していたら、昨年とても良い黒土が出てきたそうで。
うっひょーっ!
なんでも話してみるもんです。

黒土は、山の木々の葉っぱが堆積されて栄養満点の腐葉土です。
それを畑に混ぜて耕したら、さぞかし土壌微生物が活発に働き、きっときっとおいしい野菜ができるにちがいありません。

まだ黒土を入れたわけではないのに、すでに菜園ライフの妄想が膨らみすぎて、頭が重い。

スポンサーリンク

黒土の価格はおいくらですか?

ところで、黒土の価格っていくらなんでしょう?
近くのホームセンターで売られていた黒土は5Lサイズで300円くらいでした。

で、今年私が畑にしようと思っている面積は、ざっと50㎡あります。

50㎡の畑

5Lサイズの黒土の袋なら、何百個?何千個必要になるんだろう?

Oさんに聞くと「2リューベもあれば大丈夫でしょう」とのこと。
へっ?リューベってなんなの?

スポンサーリンク

2トントラックで運んでくる計画

1リューベとは、1m四方の立方体のことで1㎥のこと。
ということは、1㎥は1,000Lですから、ホームセンターの5Lサイズの黒土が200個分ということになります。
畑に必要な黒土は2リューベですから、400個分!!

400個×300円=12万円とか!!

もちろんこれは、個包装された手間暇がかかっていますし、何より重い土の搬入運搬費用が高くなるため、こんなにもお値段が高くなるのですよね。

Oさんのような造園業者さんへ大量の黒土を運搬搬入してもらう経費はどれくらいかかるのでしょう。
後日Oさんから届いた見積書には、黒土6,000円と記載されておりました。

ホームセンターで買えば12万円もかかる黒土が、2トントラック1台分(2リューベ)で6,000円です。
ものすごく安く感じます。

しかし、問題はその運搬費。

黒土トラック1台6,000円
運搬車両費15,000円
運搬搬入工賃18,000円
諸経費4,000円
合計43,000円

やっぱりねぇ。
運搬するトラックとか、工賃が高いのよねぇ。
それでも、ホームセンターで買うよりは1/3のお値段です。

しかし、この見積書を見た夫が言いました。

「俺が会社から2トントラックを借りてきて、自分で黒土を運んでくる!」と。

そんなわけで、運搬車両費や搬入工賃は節約できそうで、黒土と諸経費で10,000円!

万々歳な菜園ライフになりそうです。
浮いたお金で夫へビールでも買ってあげよう。

そして、浮かれた頭で私は畑の区画どりを考えました。

1M×3Mの畝を12個作ります。
浮かれすぎて無謀にも思える菜園計画ですが、いたって本気です。

新たな出会いは、新鮮な発想を呼び覚まし、アドレナリンが出まくって、なんでもできそうな気がします。
鼻息が荒くて困ったな・・・。

 

コメント

  1. コバヤシ より:

    こんにちは。以前一度自宅ネット環境の件でコメントさせて頂いた者です。
    毎日楽しみに拝見しています。

    そらはなさんのご飯の写真を見て
    『いいなぁ…こんな野菜たっぷりのご飯を毎日食べられるなんて…ここの家の子になりたい』とおバカな事を毎日思っています(笑)。

    良い黒土の調達が見つかって今年はさらに菜園熱が加速ですね。
    あと…多分造園業者さん経由のお値段は10,000円ですよね?
    (10,000万円になってます)

    • そらはな より:

      コバヤシさんへ♪
      こんにちは(^o^)
      野菜を育てるのって、決して思い通りにはいかないからこそ、次なる課題が見つかって楽しいのだと思います。
      ご指摘ありがとうございます。
      修正しました。
      アドレナリン出まくりで興奮しております(・∀・)

      • 雪あられ より:

        こんにちは。畑作りいいですね〜!土地を耕しタネを撒き水をやり(虫を取り?)と大変だけど芽が出てどんどん育っていくの見ると嬉しくなりますよね。
        読みながら自分がやるのではないのにドキドキワクワクしてしまいました。
        これからの報告楽しみにしています。

        • そらはな より:

          雪あられさんへ♪
          人間って、何かを育てることで、生きる喜びを見いだせるのかもしれないなぁ・・・なんてことを思います。
          家庭菜園も、決して順調なことばかりではないけれど、いろんな障害があるからこそ楽しいのかもしれませんね。

  2. みどり より:

    こんにちは。はじめまして。

    今25歳の娘が大学生の時からブログにおじゃまして、大変参考にさせていただいています。

    ちなみに造園会社に嫁いで30年になる55歳のおばさんです。

    黒土2立米は、積み込むのにけっこう大変です。下ろすのも。
    業者ですと、ダンプにバックホウで積み込み、ダンプアップして、おろすのではないかと。

    ご参考までに。

    • そらはな より:

      みどりさんへ♪
      こんにちは(#^^#)
      ものすごくありがたいお言葉です。
      私、若くて体力があったら、造園業に弟子入りしたいです。
      そうそう!バックホウがどうのこうの・・・って話してました。
      最初わからなかったのですが、大きなショベルみたいなもので土を積み込むんですね。
      おそらく業者さんのところではバックホウで積み込むのだと思いますが、運んできた黒土は旦那がおろすことになりそうです(^-^;
      無理そうだったら、今一度要相談ですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました