私にもできた!簡単な畑の畝(うね)のつくり方

スポンサーリンク

昨年、初めて畑に畝というものを作りました。

畝なんて作らなくても、土に植えれば植物は育つよね・・・と、以前の私は思っていましたが、とんでもない。
畝を作って植えたほうが、成長の仕方がはるかにいいのですよ。

昨年の経験を活かして、今年はさらに簡単、かつ時短で畝をつくることができましたので、私流のやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

畑の畝のつくり方(私流)

今年で、畑作り2年目となるので、まだまだ私はひよっこです。
それでも、昨年やったことを思い出しながら、畝を作りました。

今回、畝を作るのに使ったものは6点。

■シャベル
■三本備中鍬
■平鍬
■棒2本
■紐
■鶏ふん

ちなみに、1か月ほど前にはざっくりと耕し、石灰を撒いています。(夫が)
作物を育てていると、土は年々酸性に傾いていきますが、これは作物が育つのにはよい環境ではありません。
なので、初めに石灰を撒いて土壌を改良しておく必要があるんですよね。

こんなことも、昔は知らず、土に植えれば作物は勝手に育つと思っていました。

1.畝の位置を決めて紐で仕切る

畑の畝にする部分を棒と紐で仕切ります。


別に、仕切らなくてもいいのですが、あったほうがまっすぐな畝を作ることができます。

2.土を掘る

次に、畝を作る部分の土を30cmほど掘っていきます。
シャベルの刃の長さが30cmくらいあるので、刃の部分を全部土にさして、土を掘り起こします。

なぜに30cmかというと、雑草の根切りができるんです。
雑草は根っこが残っているから、すぐに生えてくるのですが、根切りをしちゃえば、1か月は雑草も生えてきません。

2年間畑の雑草対策をしてわかったこと 最も効果があったのは根切りだった
庭にどんどん生えてくる雑草には、本当に困ります。 コンクリートを流したり砂利を敷いたりするのもありですが、畑や花壇など土を活用したい場所では、雑草との闘いとなります。 私がこの2年間で、あの手この手でやってきた雑草対策で最も効果があ...

畝を作る作業をしながら、雑草対策もできる一石二鳥です。

3.畝の幅

畝の巾は、シャベルの刃2個分(60cm)にしています。


作物の葉っぱって意外に広がりますから、これくらいあるほうが育てやすいです。
この幅で、5mほど土を掘りました。

4.掘った土に鶏ふんを撒く

穴を掘った土は、片側に盛っておきます。
この盛った部分に、鶏ふんを撒きます。

この鶏ふんは、土に混ぜる肥料となります。
「1坪あたり1~2kgの鶏ふんを撒くこと」と袋には書いてありました。

私が作るひとつの畝は、長さ5m×幅60cmだから、3㎡の面積になるよね?
1坪は3.3㎡だから、ひとつの畝に1~2kgの鶏ふんでOKってことよね?
・・・と、掘った土を見つめながら考える。

畑作業をしながら、まさか小中学校の頃に習った算数を使うことになるなんてね・・・。
子どもの頃の勉強はしっかりやっておくべきだと、つくづく思いましたよ。

そして、鶏ふんを撒く。
1坪に1~2kgと計算した割には、撒くときは大雑把。

5.鶏ふんを混ぜながら穴に戻す

土と鶏ふんを混ぜながら、掘った場所に戻していきます。

この時、あると便利なのが三本備中鍬。
土の塊を砕いたり、土を混ぜたりするのにとても便利です。

鶏ふんと土をよく混ぜてから、掘った穴にもどしていきます。
土は空気を含んでふんわりしているので、掘った穴に埋め戻しても、かさ増しになって高さが出ます。

6.石を取り除く

石ころや雑草があれば取り除いておきます。

昨年は、ゴロゴロ石ころが出てきて、かなり取り除いたおかげで、今年はさほど石ころは気になりませんでした。

7.畝の両側の土をきれいに盛り上げる

畝の両側の歩くスペースの土を、平鍬を使って掘り下げながら平らにしていきます。

掘り下げた土は畝に盛っておきます。

8.畝を平らにならす

最後に畝を平らにして完成です。

私は、備中鍬の柄を使って平らにならしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント10倍 4/9 20:00〜4/16 1:59まで】千吉 万能備中鍬 …
価格:1465円(税込、送料別) (2019/4/12時点)

 

ひとつの畝の長さが約5mありますが、私一人で作業をして小一時間で畝を作ることができました。
休憩をはさんで、この日はもうひとつ畝を作りました。

 

畝の高さは10cm程度で低い畝ですが、水はけのよい土地なのでこれで充分です。

あともう2畝、余裕があれば4畝くらい作りたいのですが、果たして桜が散るころまでに完成できるかなぁ。

作物は、土に植えれば勝手に育つと思っていましたが、そうではないのですよね。
よい土壌を作り環境を整えてあげることで、作物の持つ力を最大限に引き出してあげることができるんですね。
どう育つかは、やってみてのお楽しみですが、なんだかこれって、子育てに似ているなぁ・・・と、ふと思いました。

さあ!今年も、かわいい野菜たちを育ててみよう。
ああ、楽しみでしかたがないっ!

 

コメント