種から育てるズッキーニ ついに畑にビニールトンネルを張る

スポンサーリンク

今年は、ズッキーニを種から育てています。
しかし、哀しいかな。
順調に発芽したのはいいけれど、ど素人アルアルで苗がヒョロヒョロと徒長してしまいました。

半ばあきらめかけた時、徒長した苗から本葉が出てきたのですよ。
なので、細長くなった茎を見なかったことにして、畑に植えることにしました。

スポンサーリンク

ズッキーニを畑に植える時期

ズッキーニの苗を畑に植える時期は、本葉が4~5枚になったときです。
お店に並んでいるズッキーニの苗も、本葉が4枚以上はついているので、まさに植え頃で売られています。

▲昨年買ったズッキーニの苗

昨年、畑に植えた時のズッキーニを見てみると、なんて立派な苗なんでしょう!
プロが育苗すると、こうなるんですよねぇ。

ところが、調子に乗って私が種から育てたズッキーニは、ヒョロヒョロになってしまいました。

ふつうは双葉の下の茎の長さはせいぜい3cmなんだって。
ところが、私が育苗したズッキーニは6cm以上はありますから、典型的な徒長となってしまったわけです。

やっぱりそんな簡単にいくわけがありません。
こんなヒョロヒョロの苗は、本葉が出るかどうかもわかりませんし、本葉が出たらその重みで茎が折れてしまうだろうなぁ。

今年も、ズッキーニの苗を買ってきて植えたほうが賢明です。

ズッキーニの本葉が出た

種から育てるズッキーニは、半ばあきらめ、3日間ほど家を留守にしていました。
そして、自宅にもどってくると、なんとズッキーニの本葉が出ているではありませんか。

ヒョロヒョロとした茎の上に小さな本葉!!
めっちゃ、かわいい!

こうなったら偽造工作して、ズッキーニを畑に植えてしまおう!

ビニールトンネルを作る

とはいえ、秋田はまだ日中の最高気温が20℃を超えることはあまりありません。
今、畑に植えたって、ズッキーニは寒くて育たないでしょう。

というわけで、畑にビニールトンネルを作ることにしました。
ズッキーニのための温室です。

あらかじめ黒マルチを敷いていたところへ、トンネル支柱をセットします。

畑の雑草対策と苗の根付きを良くするために黒マルチを敷く
ようやく桜が満開となりました。 この合図とともに、いよいよ家庭菜園活動開始です。 と、その前に、畑の畝に雑草を生えさせないようにする工夫と、苗の根付きを良くするための対策を施しました。

トンネル支柱は、ホームセンターなどで売られていますが、1本100円しないくらいです。

支柱を立てたら、そこにビニールを上掛けしていきます。


ホームセンターで2,000円ほどで購入しました。
ビニールは、薄い物からサイズのちがいまでピンキリですが、保温のために使うビニールの厚さは0.1mm以上が望ましい。

 

トンネル支柱に上掛けしたビニールの四隅を固定するための専用の留め具もありますが、私は針金ハンガーを切って代用。
ここにビニールの端を結びます。

 

こんな感じで結んだのはいいけれど、針金ハンガーなのですぐに土から抜けてしまいます。

 

なので、コンクリートブロックで押さえる。
見た目、美しくないですが、ズッキーニが順調に育ったらビニールは外すのですから、それまでの辛抱です。

 

支柱の下は洗濯ばさみでビニールをおさえておきます。
なんでも家にあるものは使わないとね。

 

ビニールトンネルの中が暑すぎるときは、洗濯ばさみを上にずらして、ビニール内に風を入れて温度調節も可能です。

 

そして、ビニールトンネルの温室完成!
なんか農家っぽくなってきた!

徒長したズッキーニの苗を畑に植える

そうそう。
肝心のズッキーニの苗ですが・・・。

7つの徒長した苗のうち、だらんとした2つの苗は除き、残り5つの苗を畑に移すことにしました。

しかも、徒長した部分を隠し、深~く穴を掘って植えちゃいました。
その上、盛り土までして徒長した部分をなかったことにしました。

うまくいけば、土に埋まった茎の部分から根が出てくるそうですが、成功するかどうかは微妙です。
でも、何事もやってみる価値はありますよね。

ビニールトンネルの中の温度を計ってみたら、外気温18℃の時でも中は29℃!
ビニールトンネル効果、恐るべしです。

畑に植えたズッキーニがしおれてきた

翌日。

ガーン。
ズッキーニがくたっとなってしおれていました。

中が暑すぎた?
いやいや、まだ根が張っていないから、水分不足だよね?
と、あわててお水をたっぷり撒きましたが、一向に元気になる気配はありません。

なので、本葉がまだ元気そうな3つの苗を残し、2つの苗は撤去し、そこにズッキーニの種を撒くことにしました。
ビニール温室だから、きっと発芽するでしょう。

ビニールトンネルにズッキーニの種を撒く

一か所に2粒の種を撒きました。

ズッキーニ よくなる君。
手軽に作れる地中海の味。

本当ですか?
信じますよ?

 

指で1cmほどの穴を開け、そこに種を一粒ずつ。
あとは土をかぶせて水をたっぷりまいて終わり。

うまくいけば1週間後には発芽するはずです。

そして夕方。
ビニールトンネル内のズッキーニの苗をみると・・・。

元気になっている!!
双葉は少ししおれちゃってるけれど、本葉は元気そうだし、なにより茎がまっすぐ立っている!

これはうまく水を吸い上げ始めたってことですよね?
大きくなるかどうかは別としても、なんだかうれしい。

植物の生命力って本当にすごい。
手をかけた分だけ、応えてくれて、やりがいがあります。

畑は、私にとってのアトラクションで超楽しい!

 

コメント